メッセージ

2020年12月 3日 (木)

ニューノーマルな走り方で!

   

55歳になりました。
GoGoの55歳です。

Dsc_2810

社会では定年を見据え、次のステージ
を考える歳と言われていますが、先日、
先輩がある外資系企業に転職、社長に
就任されたと日経に載っていたので
連絡をとったところ、先輩から発破を
かけられました。

   

男メシもまだまだ頑張りが足らない
ようです。。。

  

誕生日を迎え、気合を入れなおし
ました。

   

まだまだ走りますが、今までとは
違ったニューノーマルな走りをして
まいりますので、皆さま、ご指導の程
宜しくお願いいたします。

|

2020年11月30日 (月)

ヒューマンセントリックを目指す会津若松!勉強になります。

   

昨日開催された高松市民大学に登壇
致しました。
https://www.youtube.com/watch?v=PZjrAjSMAg8
平井デジタル改革担当大臣のビデオ
メッセージ
Dsc_2812
に続き、スマートシティで日本の先頭
を走る会津若松市の事例をアクセン
チュアの中村さん
Dsc_2813
からご紹介頂きました。

   

会津若松市のスマートシティの立上げ
から取り組まれた
Dsc_2816
復興から地方創生、自立分散社会へ。

   

そして、新しい地方の在り方、三方
良しの地域社会
Dsc_2819
について。

  

本当に参考になりました。

   

「スマートシティ」という言葉から
最新のテクノロジーのことが語られる
ことが多いのですが、最も大切なのは
そのに住むみんなが幸せを感じる!
ことです。
それをテクノロジーを活用して実現
する!

  

大切なのはヒューマンセントリック。

  

中村さんのお話を聞いて改めて自分に
言い聞かせました。

  

スマートシティに係われるようになった
こと、今、心から感謝しているます。

  

男メシがスマートシティに関わるように
なって早4年が経ちます。

   

この間、中村さんをはじめ色々な方から
お話を聞き、各地の事例を勉強し、参考
文献を読み、そして、高松市のおかれた
状況を勉強する機会を頂きました。

   

以前から商売の基本である「三方よし」
「売り手によし、買い手によし、
 世間によし」
を言い聞かせていました。

  

男メシの会社が建設した西日本最大級の
データセンター「パワリコ」も三方よし
の考えの下に取組を開始しました。

  

スマートシティは「三方よし」に加え
更に地域に住む人みんながそれぞれ幸せ
を感じてくれなくてはなりません。

   

そのために何ができるのか?
これからも考えてまいります。

   

なお、中村さんのお話の後、男メシも
参加したパネルディスカッションが
行われました。

   

男メシは「レンタサイクルデータが
語る屋島と讃岐うどん」
Nwgo6352
をテーマにお話をさせて頂きました。

  

今回の高松市民大学、本当に参考に
なりました。

   

皆さん、ありがとうございました。

|

2020年11月25日 (水)

必ず道あり

   

毎朝、男メシは三十分程歩いてから
バスに乗ります。

   

バス停を5~6区間程です。
歩く道中にお寺さんがあります。

   

先日、そのお寺さんにこの言葉が掲げ
られていました。
Dsc_2783
もうだめだ という向こうに
「必ず道あり」

  

必ず道あり!

   

励まされました。

何だか「ホッ」としました。
そして、自分に言い聞かせました。

   

随分前にある方から言われました。

   

修羅場、土壇場、正念場を何度経験し、
乗り越えるか?
それがビジネスマンとしての厚みを
作る。
絶対に逃げるな!

  

  

確かにそうだと思います。

  

男メシも何度も経験しました。
ただ、渦中にある時は脳みそを握り
締められるような頭痛と先に光が
あるのか?との不安に押し潰され
そうで。。。

 

ただ、いつも道はありました。   

若い人達にも逃げず、不安と闘って
欲しいです。

 

必ず道はあります。

|

2020年11月20日 (金)

自分の考えを固め、伝え、議論する

    

高松市の「行政のデジタル化」を強力
に推進することで男メシの会社とお取
引先さまで合意しました。

   

先日、そのお取引先さまの副社長が
高松にお越し頂きました。
Dsc_2741
その様子が四国新聞にも掲載され
ました。

   

そして、男メシの会社の社長と共に
大西高松市長、小澤参事にもご挨拶
致しました。
Img_2806     
副社長とはもう二十年近く、公私
共にお付き合いを頂いております。

   

今回、高松のためにお力をお貸し頂き
たい旨をお願いしたところ、一発、
快諾頂きました。

   

お取引先さまはグローバルでスマート
シティに取り組まれており、その知見
と技術を高松のために提供頂けること
を大西市長にお伝え頂きました。

   

本当にありがたいことです。

   

ビジネスも最後は人と人です。
相手が信頼できるか!?どうか!?
しみじみと感じています。

   

このお取引先さまとは、意見が相違し
ぶつかることも何度もありました。
当然です。
お互いに責任ある立場ですので。

   

ただ、お互いに信頼し合っているから
こそ折り合いをつける、落としどころを
考えるべく努力をする。

    

最近、ぶつかることを避ける、相手と
議論することすらしない人が多いように
感じます。

   

シッカリ議論して欲しいです。
そのためには自分の考えを固め、
相手に分かり易く伝えなくてはなりません。

   

自分の意見をしっかり持った議論で
あれば、相手とぶつかった時、相手も
落としどころを考えるべく努力してくれる
はずです。
必ず伝わります。

   

そして、その後、信頼が生まれます。

    

先ずは自分の考えをしっかりと持つ!

    

男メシもビジネスマンとして第三コーナー
を回っています。

   

これからは、会社のためだけでなく、
高松市のために、香川県のために、
四国のために!
言い聞かせています。

|

2020年11月19日 (木)

新たな地方競争の時代、選ばれる高松を目指して!

    

お話をさせて頂きました。
Dsc_2743
スマートシティたかまつで始めるDX
の第一歩。

   

百名を超える多くの方々に聞いて頂き
ました。
ありがとうございました。

   

そして、聞いて頂いた方から更に講演
のご依頼も頂きました。

   

本当にありがたいことです。

   

スマートシティたかまつ のことが
少しでも多くの方々に伝わり、スマート
シティたかまつが皆さんの身近なこと
としてご理解頂けたのであれば、とても
嬉しいです。

    

スマートシティからスーパーシティへ!
高松が今以上に住み易く、市民が幸せに
なる!
高松の企業に知見が蓄積され、そして、
地元が潤う!

     

目指さなくては!

   

これから、地方が新たな競争の時代に
入りました。

   

東京の会社に勤務し、地方で生活し、
仕事はリモート。
東京の会社への出勤は月一回。

    

このような生活が現実になっています。

    

その時、軽井沢でもなく、仙台でも、
神戸でもなく、高松に住もうと思わせ
なくてはなりません。

   

自然災害が少ない、気候が温暖、風光
明媚、東京に比べ生活費が安い。

このような県庁所在地は高松だけ!

   

でも身の回りのデジタル化が遅れて
いる・・・

   

となると高松が選ばれません!

   

選ばれる高松を目指しましょう!

 

|

2020年11月11日 (水)

本当に大切ですね!データの収集蓄積、分解析!

      

高松市では2017年からICT、
データの活用で地域課題を解決し、
持続的に成長し続ける「スマート
シティたかまつ」の実現に向けた取組
が進められています。

    

その中で高松市のレンタサイクルに
GPSロガーを設置し、ご利用者の
属性、利用目的、移動経路、滞在地点
等のデータを取得しています。

   

取得したデータで観光客の満足度向上
や新たな観光資源を活用した観光施策
を展開しています。

   

先日、そのデータを見たところ、高松
市の中で非常に重要な観光資源である
「屋島」が十分活用されていない
のでは?
Dsc_2680
と感じるようなデータが出てきました。
Dsc_2683
屋島山頂から眺める瀬戸内海の景色も
素晴らしいのですが、同じくらい素晴
しい景色が見える場所もあるのに・・・
Dsc_2677
そういったお話を来週、11/18に
香川経済同友会のセミナーでお話し
ます。

   

https://ws.formzu.net/fgen/S74157990/

   

テーマは『スマートシティたかまつ
     で始めるDXの第一歩』

  

です。

  

今回のことでもよく分かりました。
データを収集、蓄積、分解析すると
色々なことが見えてきますね~

  

本当に大切です!データ!

|

2020年11月 8日 (日)

事業継続に最も重要な人財育成を並行して!

    

今月も父の墓前に近況を報告して参り
ました。
Dsc_2620
山も色付いてきていました。

   

毎月、ここに来ると思います。
経営者として先輩である父は、今の
男メシを見てどう思うのだろうか?

   

最近、社内でもお客さまとの交渉でも
重い判断を下す場面が続いています。

   

その上、事業継続に最も重要な人財
育成も並行して進めなくてはなりま
せん。

  

経験させなくてはならない、でも失敗
は許されない
本当に難しい。

   

以前、母から父が事業のことで悩んで
いたころの話を聞きました。

   

今の男メシの立場以上に追い詰められ
苦しみながらも逃げず、乗り越えた父
の話を聞きました。

   

男メシもまだまだです。

  

神さまは、乗り越えられない試練は与え
ない!

  

逃げず、乗り越える策を考えなくては!

  

思いを新たにしました。

|

2020年11月 2日 (月)

土作り+寒い冬を経験させる、人財育成と同じですね。

   

親戚の家のチューリップの球根の植え
付けを手伝いました。
Dsc_2628
男メシは花の中でチューリップが一番
好きです。

Dsc_1506_20201102104001

男メシの実家の玄関先にも春には沢山
のチューリップが咲いてくれます。

          

チューリップや水仙等のの球根ものの
花は寒い冬を越すことであの綺麗な花
が咲きます。
Dsc_1505    
寒さを経験することで綺麗な花が咲く
のです。

     

そして、植え付けする場所は土を深く
耕し、肥料をやりました。
Dsc_2629
この土作りが最も重要とのことで、
しっかり深く耕すよう言われ、指示?
通り筋肉痛になるほど耕しました。

   

綺麗な花を咲かせるには、寒い冬を
経験すること、そして基本となる土
作りのこの二つが重要ということは、
人財育成と同じですね!

   

ということを思いながらスコップで
土を掘り起こしていると
Dsc_2645
手のひらの皮が剥けていました。

   

痛っ!!!

|

2020年10月31日 (土)

ポイントは創意工夫と正しい判断

   

今月の日経、私の履歴書は、男メシも
大変お世話になったKDDIの小野寺
相談役でした。
Dsc_2602
男メシも経験した通信自由化から今日
に至る経緯、DDI誕生の秘話、そして
KDDとの合併で誕生したKDDIの
裏事情まで事細かく記載されていました。

  

男メシの会社も通信自由化から再編の
渦の中にいましたので、非常に興味深く
読みました。

  

通信事業者各社により今後の方向性が
変わってきており、かじ取りが遅れて
いる事業者が明らかになってきました。

  

幸いなことに男メシの会社は既に新たな
事業に舵を切っております。

  

その状況を鑑みると、昨日の小野寺
相談役の私の履歴書内のコメント
Dsc_2603
「母体企業の格、知名度といった要因
 は、結局、事業の成否にほとんど
 関係なかった。社員一人ひとりの
 頑張りや創意工夫、あるいは業界
 再編などの節目で経営陣が正しい
 判断を下せるかどうかといった要素
 のほうがはるかに重要」

  

がよく分かります。

  

そして、男メシも今、その判断の重要
性が年々重くなっていることをひし
ひしと感じます。

  

今正に判断を下すことの恐ろしさを
身に染みて感じています。

|

2020年10月30日 (金)

ウェビナー開催!行政手続きのデジタル化に向けて走り始めた高松市!

   
先日の男メシの会社の日経広告
Dsc_2596_20201029075001
の中にも掲載していました
Dsc_2597
ウェビナーを開催します。

   

テーマは、
行政手続きのデジタル化に向けて
走り始めた高松市の取り組み!

   

高松市総務局の小澤参事に今どの
ような作業が行われ、そして、
高松市が目指すデジタル化について
語って頂きます。

    

男メシの会社もタスクフォースに
参加し、担当の若手の社員が頑張って
います。

    

地方自治体の方、必見です。

   

是非是非!

|

2020年10月26日 (月)

オンライン中心となった今だから!

   

先日、こんな素晴らしい場所で打合せ
がありました。
Dsc_2584
今年から、お取引先さまのユーザ会の
委員を拝命することになり、先日、
初めて対面での委員会が松山城を眺め
ながら行われました。

Dsc_2582

打合せがオンライン中心となって
きたからこそ対面での打合せの時に
集中できます。

Dsc_2583

コロナ前にはこのようなことを思った
ことはありませんでした。

男メシも意識改革できました。

   

限られた時間、そして次回お会い
できるのは、いつか?分からないと
なると少しでも多くビジネスに繋げ
られるお話をしなくてはなりません。

  

今回は三件!
ビジネスに繋がるお話ができました。

   

ありがとうございました。

|

2020年10月23日 (金)

変わらないと!変えないと!

  

最近、至る所で押印廃止!
Dsc_2565
が叫ばれています。

  

無駄な押印を廃止するのは当然ですが
重要なのは押印廃止に向けて業務
フローを見直すことなんです。

  

ただ、そのあたりのことがあまり語ら
れ、取り上げられていないから色々と
誤解を招き、「反対」を声高に訴える
方々が出てくるのでしょう。

  

このような時代になったのですから、
今までのやり方ではダメなのは明らか
です。

   

変わらないと!
変えないと!

|

2020年10月21日 (水)

「DXで何がしたいですか?」、「う~ん、効率化かな・・・」???

     

松山行きのJRです。
Dsc_2551
この後、二人の方が乗られました。
お客さまは男メシを入れて三名です。

   

今まで対面が当然であったものが、
コロナにより、多くのことが非対面
でも十分対応できることを多くの方が
実感しました。

   

随分前からICT技術により実現可能
となっていたことを我々の考えや意識
が実現を妨げていましたが、我々の
考えをコロナが叩き壊しました。

   

そういったことが書かれた本
Dsc_2558
を松山出張の行き帰りのJRの中で
読みました。

  

最近、こんなやり取りが多いんです。

  

お客さま:「DXをしたいのですが」
男メシ :「DXで何がしたいの
      ですか?」
お客さま:「う~ん、効率化かな」

  

DX=効率化ではないのですが・・・

  

DX(Digital Transformation)と
いう略語が誤解を招くのでしょう。

  

この本では、
 Business Transformation with
 Digital
と書かれていました。

  

正にその通り!

  

ビジネスの変革をデジタル技術で
実現する !

  

11/18に香川経済同友会の講演
でそのあたりのことをお話します。

  

「スマートシティたかまつで始める
 DXの第一歩」というテーマです。

  

お時間がございましたら。

|

2020年10月19日 (月)

ニューノーマルなこれからの時代は多様性の時代

   

先週土曜日の日経の広告です。
Dsc_2548
コピーに目が目が留まり、そして
じっくり読みました。
Dsc_2550
素晴しい文章です。

  

認め合うことができれば、
個性の違いはお互いを高め合う。

   

違うから、視野が広がる。
発見がある。成長ができる。強く
なれる。

  

どこの会社の広告?

  

JTさんの広告でした。
Dsc_2549
ニューノーマルなこれからの時代は
多様性の時代です。

   

その時代に心がけなければならない
ことが書かれた広告です。

   

素晴しい広告ですね。

|

2020年10月12日 (月)

実るほど頭を垂れる稲穂かな

   

この週末は至る所で稲の刈り取りが
行われていました。

  

実るほど頭を垂れる稲穂かな。
Dsc_2523
この時期に必ず思う言葉です。

    

大切な言葉です。

|

2020年10月11日 (日)

挑戦する姿勢!見習わなくてはなりません。

   

先日、夢菓房たから のマロンdu
ショコラをご紹介しました。

   

マロン、栗、と言えば男メシは、
お袋さん作の「栗の渋皮煮」です。
Dsc_2368
栗の渋皮に傷をつけることなく、
鬼皮を剥き、上品な甘さとなるよう
じっくり煮込みます。

  

本当に手間のかかる一品です。

  

男メシも自分では作ったことはなく、
食べる!専門ですが、先日、知人が
挑戦したようです。

  

まずまずの出来だったようですが、
出来以上にこれに挑戦するという姿勢
が素晴らしいです。

   

男メシも見習わなくては!

|

2020年10月 9日 (金)

行政手続きオンライン化に向けて走り始めた高松市

   

四国新聞に続き
Dsc_2459
日経も取り上げて頂きました。
Dsc_2515
行政手続きのオンライン化に向けて
いち早く高松市は走り始めました。

   

現在、タスクフォース(TF)を
中心に作業が行われていますが、
先日、当社のTFメンバーと高松市の
大西市長、小澤参事、平井室長補佐で
写真を撮らせて頂きました。
Img_0180
前列の両端に座っている二人が当社
からTFに参加するメンバーです。

   

今年、男メシの部署に配属になった
新入社二人です。

   

今回の行政手続きのオンライン化に
向けた検討が開始された時から男メシは
この二人を何らかの形で本件に関わらせ
たいと思っていました。

   

今年は、高松市にとって言わば
「行政デジタル元年」であり、その年に
入社した二人です。

   

これから十年も経つと身の回りの手続き
の殆どはオンラインとなるでしょう。
その検討に携わったことは彼らの一生の
宝物になるはずです。
そして、自分が携わった行政手続きの
オンライン化を市民目線で更によりよい
ものにしていこう思ってくれるはずです。

   

そういったお話を大西市長にもして頂き
ました。

   

高松市役所の皆さま
これからこの二人が市役所内で色々な
作業を行いますので、何卒、厳しく、
そして優しくご指導の程、宜しくお願い
申し上げます。

|

2020年10月 7日 (水)

時代が変われば価値観も変わる。

   

日経朝刊2面の「迫真」は毎回毎回
読み応えがあります。
Dsc_2508
今回の「NTT再結集」は特に!

   

男メシの会社は、電気通信事業が
自由化される前年(1984年)に
設立され、当初より通信事業への参入
を検討していました。

   

そして、男メシは自由化後、電電公社
が民営化され、NTTが誕生した後の
1988年に入社し、通信事業参入に
向けて郵政省(現 総務省)との交渉
行う部署に配属されました。

   

東京で郵政省との打合せに同席し、
翌朝には上席者に議事録を提出しない
といけないので、帰りの新幹線で
打合せ議事録を手書きで作成していた
頃が懐かしいです。

   

当時の政府、郵政省は、巨大NTTが
一手に握る固定電話サービスに競争を
導入しようと、NTT東西、コミュニ
ケーションに分割しました。

  

今では、固定電話から携帯電話に
そしてインターネット、スマホ、クラウド
の普及と時代は変わりました。

   

更に、コロナ禍で日本のデジタル
敗戦が明らかになりました。

   

今では日本の国際競争力をどう
上げるか?そして、デジタルでの
巻き返しが最大の課題でしょう。

    

となると、政府としては
 NTTを強くしなくてはならない!
ということに・・・

   

男メシの会社も以前はNTTグループ
とは競合関係にありました。
ただ、ここ数年、色々な事業で一緒に、
協業するようになりました。

     

最初は、社内で競合するNTTと組む
ことに反対の意見も多くありました。
けれど、お客さまや市場の声を聞くと
NTTと協業する方が明らかに得策!

    

今朝の丸紅さんの日経広告にナイスな
メッセージが掲載されていた。
Dsc_2513
時代が変われば価値観も変わる。
一つとして同じ課題はない。
けれどそれぞれの課題を、世界中の
パートナーと連携して解決した時、
そこには未来へ踏み出す勇気が
生まれた。

   

これからも既成概念にとらわれること
なく進めていかなければならない!
と改めて自分に言い聞かせました

|

2020年10月 2日 (金)

チェックしなくては!

  

今朝の日経の証券面です。
Dsc_2463
全面 ー - -
Dsc_2465
です。

   

こんなこと初めてです。

   

東証のシステム障害の記事には

「切り替えがきちんと動作するか、
 頻繁にテストしなければならない。
 その意味では残念ながら東証の
 怠慢と言わざるをえない」

   

「障害を発生させないようにする設計
 が時代遅れだ」

   

男メシも今回の件を他山の石として
チェックしなくては!

|

2020年9月30日 (水)

大切なのは「市民目線」です。

   

昨日、発表致しました。
Dsc_2443
高松市も行政手続オンライン化推進に
向けたを活動開始しました。

  

先ずは、何をデジタル化すれば生活が
便利になるのか?

  

大切なのは市民目線です。

  

そして、できることから始める!
スモールスタートでもいいと思います。

  

そしてそして、デジタル化を阻害する
課題も明確にする!

  

急がなくてはなりませんが、一歩一歩
確実に焦らず、慌てず、諦めず!
高松市と一緒に「市民目線を忘れず」
取り組んでまいります。

|

2020年9月14日 (月)

決断の重さを感じています。

   

今日は父の命日です。

   

2012年9月14日に見送りました。

   

前日の夜、お客さまとの会食中、危篤
の連絡が入ったのを覚えています。

   

会食は、お客さまとの交渉も兼ねた
会食だったのですが、お客さまから
色よい返事が頂けた直後だったと記憶
しています。

   

この週末、お墓参りをしてきました。
Dsc_2362
男メシの現状報告をしてきました。

   

仕事一筋の父でした。
経営者としても先輩の父です。

   

男メシも今、経営者の端くれになって
決断の重さを改めて感じています。

   

悩み考えても、解が見つからず、夜、
眠れないこと。
それでも逃げられない。
父の苦労が今、よく分かります。

   

男メシの会社では年の後半、下期から
大きな決断が続きます。

   

特に今年は!

   

逃げずに向かっていきます。

|

2020年8月30日 (日)

香川県のデータセンターは、なぜピンチに強いのか?

   

先週から今年度の男メシの会社の広告
がスタートしました。
Dsc_2288
今年のキャツチコピーは、
「ピンチに負けない戦略を!」

   

そして、
「香川県のデータセンターは
 なぜピンチに強いのか?」
です。

   

ピンチとは当然、コロナです。

  

市場は、新型コロナ等の感染症を
新たなリスクとして認識し、その対策
をあらゆる面で講じております。

   

対策の一つとしてデータセンター利用
をご検討頂いているお客さまが増えて
おります。
Dsc_2289
地震、津波、水害に巨大台風!
そして、感染症。

   

次々と顕在化するリスクに対し、企業
自治体がどう対策を講じるか?

   

今ではシステムが停止すると企業活動
が停止します。

   

そして、我々はお客さまからお預かり
したシステムを安定して運用しなくてな
なりませ。

   

ミスは許されません。
ただ、人はミスするものです。
そのミスを如何に防ぐか?

   

ミスには必ず原因があります。
その原因を見落とさず、いち早く
気づき対策を講じる!

   

毎日ミスなく行っている、安定し、
ルーティーン化している業務フロー
にも問題があるかもしれません。

   

それに気が付くか?どうか?
ある意味感性かもしれませんが、その
感性を磨くことはできます。

   

常に考えて行動する!
無意識に行動することなく、考えら
れるか。

     

若い人達には考え続ける、疑問を持ち
続けることを習慣化してもらいたいです。

|

2020年8月20日 (木)

行動が変われば習慣が変わる

   

お盆休みの最終日、靴を磨き上げ
ました。
Dsc_2243
靴を磨いていると、気持ちも落ち着い
てきます。

  

靴を見ればその人が分かる!

   

男メシが入社間もない時、言われた
言葉です。

  

その方からは、靴を磨くだけでなく、
履き方にも気を配るように!と。

  

それ以来、気を付けるようにして
います。

   

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

  

心理学者、ウィリアム・ジェイムズ
の言葉です。

  

小さいことですが、良いことは何でも
取り入れ、変えていこうと思っています。

|

2020年8月14日 (金)

頭の中を柔らかく、柔らかく

    

男メシのモバイルPCの裏です。
Dsc_2185
松盆栽のシールを組み合わせて貼って
います。

   

高松は松盆栽のシェア8割です。

   

その松盆栽を模ったシールです。
組み合わせ次第で色々な形の松盆栽が
できます。

   

先日、ある方から「正統派の盆栽の形
ですね
もう少し砕けた形の方が面白いですよ」

と。

    

頭が凝り固まっているのでしょうか・・

     

反省です。

    

既成概念に捕らわれたり、頭が凝り
固まったりしていては、DX時代を
生き抜けません。

   

頭の中を柔らかく、柔らかく!

|

2020年8月 3日 (月)

ルーティーン、大切ですね。

   

男メシの毎週末のルーティンです。
Dsc_2135
先週末も変わらず、ピクルス用の瓶を
煮沸消毒し、毎朝食べるバナナの一本
一本ビニール袋に入れ、野菜室へ!

   

そういえばこれ以外にも多くのことを
ルーティンとしてしているな~
と改めて思いました。

   

朝起きたら、先ず、口をゆすぎ、
ザクロ酢を入れた水を飲み、バナナを
食べます。

   

そして、7:20に出社し、メールを
片付け、ほうじ茶を飲みながら日経に
目を通します。

    

改めてルーティンの多さを感じました。

  

以前、多くの経営者がルーティンを
取り入れていると聞いたことが
あります。

  

今ではその理由がよく解ります。

   

習慣化することで体が自然に動くよう
になり、次第にミスが減少して
いきます。

   

これは、考え方にも同じことが言え
ます。

  

男メシは、色々な判断を行う際、収支
は大丈夫か?リスクは?
そして、一番重要なことは、当社が
行う意義は?

  

このように考え続けることで課題にも
気付くことができます。

   

ルーティンは非常に重要です。

   

そういえば、このブログもルーティン
ですね。

   

来月7日で毎日更新、11年目に
入ります!
男メシ最大のルーティンですね。。。

|

2020年7月31日 (金)

始まります!

    

始まります!
Dsc_2156
5月末から準備に入り、一昨日、WGが
立ち上がりました。

    

キックオフ会議には大西市長もご参加
頂き、オンライン+オフラインで
約20名が2時間しっかり議論しました。

     

特別定額給付金オンライン申請の反省
を踏まえ、先ずは、スマートシティ
たかまつ の理念を明確にします。

   

そして、何より行政のデジタル化に
向けて業務の棚卸を行い、実行計画も
策定し、デジタル化に向けて進んで
まいります。

   

男メシの会社もしっかり頭を使い、
手を動かし、協力致します。

   

高松市民がデジタルで便利に、幸せに
なるために!

|

2020年7月27日 (月)

チャンスです!最大のチャンスです。

         

連休前に急遽、松山に出張しました。

   

往復、JRでした。

   

中はこんな感じでした。
Dsc_2104_20200725083101
香川県でも感染者が増えています。

   

男メシの会社と取引のある会社の社員
さんも感染されました。

   

今、どこで感染するか分かりません。

   

気を付けていてもコロナウィルスが
どこに付着しているか?
分かりません。

   

不要不急の外出は避けるしかないので
しょうが、それが続けば、経済が・・

   

この状態が来年も続くことも考えられ
ます。

withコロナ!   

今、経済再生に向け、様々な取組が
行われております。

    

男メシの部署でも新たな取り組みが
お客さまと一緒に進んでいます。

   

beforeコロナ時代には掛け声色
の強かったDXがwith/after
コロナで一気に進んでいます。

   

Digitization

Digitalization

  

そして、
DX(Digital Transformation)
と順を追って進める必要があると
思っていましたが、それでは遅い。

  

今は、それを一気に進めなくてはなり
ません。

   

それに対応するためには従来のやり方
の見直しだけではダメです。
今までのやり方を捨て、新たな考えに
基づいた体制、組織が必要です。

   

今まさに生れ変わるチャンスです。
これをチャンスと思えるか?
ピンチとしか思えないか?

  

今は、チャンスです。
それも最大のチャンスです!

   

この四連休、色々な事を考えることが
できました。

   

ありがたく、辛い四連休でした。

|

2020年7月21日 (火)

一歩先の対応を!

   

昨日の日経の広告です。
Dsc_2096
セイコー さんの広告です。

   

「針のない時計 なぜ?」

  

「時はあなたが刻む。」

Dsc_2097

考えさせられる内容の文章が載って
いました。

   

「これまで会社や学校といった他者に
 管理されるものだった時間が、自分
 の手の中に戻ってきています。
 自分の意志で自由に扱える時間が
 増えています。
 その結果、私たちは根本的な生き方
 を見つめ直しています。」

   

その通りです。

   

我々は、今、コロナ後のニューノーマル
時代がどうなるのか?
それに対し、どう対応していくのか?
考えています。

 

今、男メシも市場やお客さまが今後
どう変わっていくのか?考えています。

   

求められる「もの」から「こと」に
変わり、我々事業者はお客さまと一緒
にビジネスを考え、生み出していく
ような対応が求められています。

正にDXです。  

それについて行くだけでは発展は
望めません。
一歩先を考えなくてはなりません。  

一歩先行く人が時を刻みます。

  

先日も、男メシの部署の管理職を集め
伝えました。

 

先を考え、頭を使い悩むのが「仕事」。
それ以外は「作業」です。
仕事をしよう!

  

男メシも自戒の念を込め伝えました。

|

2020年7月 8日 (水)

改めて自分の行動を見つめ直したいと

   

一昨日、日経にこんな記事が掲載されて
いました。
Dsc_2022
今年も男メシの会社には、多くの女性
新入社員の皆さんが入社してくれ
ました。

  

ありがたいことです。

  

ただ、女性の管理職志向は入社後大幅
に低下
Dsc_2023
という結果がでています。

  

理由は、上司の育成熱意、職場からの
期待等々であり、取り巻く環境と
いうか我々側に問題があるようです。

   

改めて自分の行動を見つめ直したいと
思います。

|

2020年7月 1日 (水)

久し振りに虹を見ました!幸運の印!

   

昨日、久し振りに虹を見ました。
Dsc_1990
日本では赤、橙、黄、緑、青、藍、紫
の七色と言われています。

  

子供の頃、「せき、とう、き、りょく
せい、らん、し」と覚えました。

  

因みにアメリカでは、「藍」抜きの
赤、橙、黄、緑、青、紫の六色と
言われることが多いそうです。

  

各地各国色々ですね。

  

さて、虹は、雨が降り、上がった後に
出ます。
幸運の印です。

  

辛く、苦しい時を乗り越えた後に希望
の光は必ず見えます!
虹がかかります。

  

止まない雨はありません。
必ず明るい未来が訪れます。

  

今、辛い立場の方々が多く
いらっしゃいます。

  

虹かかかることを信じ、もう少し、
もう少し、もう少し、頑張りましょう。

|

2020年6月24日 (水)

富岳、世界一!

   

久し振りに気持ちがスカッ!とする
記事が昨日の日経に掲載されて
いました。
Dsc_1955
理研・富士通が開発したスパコン
「富岳」が世界一を奪還しました。

  

TVのニュースでも大きく取り上げ
られていました。

   

男メシは思い出しました。
ある方が言われた
「1位じゃないとダメなんですか?
 2位じゃダメなんですか?」

   

あの言葉を聞いた時は「は?」と
何とも言えない気持ちになりました。

   

1位を目指すから成長があり、
1位を獲得することで更に成長し、
壁乗り越えることができます。

   

これは開発の分野だけではなく、
競技やビジネスの世界でも同じです。

   

富岳の開発者の皆さん、
素晴らしい!おめでとうございます。

   

男メシも更に高みを目指さなくては!
と改めて思いました。

   

それにしても、以前世界一であった
「京」からこんなにも高速
Dsc_1956  
になったのですね・・・

   

技術の進歩は目覚ましいですね。

|

2020年6月14日 (日)

敷島製パン 100周年!素晴しい覚悟です。

   

先週の日経の広告です。
Dsc_1873
敷島製パンさんの広告です。

  

敷島製パンは、今年で100周年です。

   

また一社、100年企業が生まれました。
Dsc_1871
1920年 パンを焼きはじめました。

   

1921年 パンを焼きつづけました。
  
2020年 今日もパンを焼きつづけて
います。
Dsc_1872
正にパンと100年。です。

   

食糧難に苦しむ人々のために、米の
代用食としてパンを焼きはじめたとの
ことです。

Dsc_1874

そして、大戦中も大地震のときも、
パンを焼きつづけています。

  

どのような時も焼き続ける!

  

素晴しいことです。

    

素晴しい覚悟です。

|

2020年6月 8日 (月)

香川大学が採用を増やしたい大学の4位!

    

先週の日経の記事です。
Dsc_1832
人事が見る大学イメージランキング
です。

   

その中でわが母校、香川大学が
Dsc_1833
採用を増やしたい大学の4位に!

   

全国で4位!。
嬉しいじゃないですか~

   

  

さて、今年の就活は、コロナ禍で
面接もオンラインで行われて
います。

   

自宅でオンラインで面接ができる
ということは対面と違い、移動時間も
無く、効率的!
と言われる方もいらっしゃいますが、
学生の立場からすると辛いんじゃ
ないかな と思います。

   

次から次に面接の予定が入ります。
前の面接で失敗した・・・
と落ち込んでも、気分転換も出来ず、
次の面接を迎えます。

   

対面の場合、移動時間に少しは気分
転換も出来ます。

   

不安な就活に加え、外出自粛で気分
転換も十分にできず・・・

  

頑張れ~就活生!
と応援したくなります。

  

そして、就活生の皆さんへ

  

男メシは思います。

   

  好きな会社、仕事に就くより、

  大切なのは、
  就いた仕事、会社を好きになる! 

です。

   

頑張って下さい。

 

|

2020年3月21日 (土)

来月から高松市でデジカン塾、スタート!

   

先日、高松市が発表しました。
Dsc_1413
デジカン塾です。

   

デジタル人材(財)の育成、発掘に
向けてスマートシティたかまつ推進
協議会主催の「塾」です。

  

東京では毎日、至る所でベンダーや
メーカーが最新のデジタル動向に
関する無料のセミナーを開催して
います。

   

ところが、地方は???

Dsc_1395    

地方こそデジタル!
なんですが、最新動向に触れたいと
思っても結局、東京まで足を運ばない
といけないんです。

    

男メシが東京から転勤で高松に帰って
きてからずっと感じていた矛盾です。

      

東京に行かなくても高松で最新動向に
関するセミナーが受講できる。
それも無料で、そして、定期的に。
社会人、学生の区別なく!

    

セミナーを通じ、デジタル人財を育成
発掘することに加え、定期的に人が
集まり、顔を合わせることによりそこ
に新たな発想が、新たなビジネスが
生まれる!
   
その結果、セミナー講師の大手企業が
高松に事務所を開設する。
高松が元気になる!

   

目指してまいります。

|

2020年2月24日 (月)

お世話になっている七味に集合

   

お世話になってい七味の大将がご結婚
されたということで集まりました。
Dsc_1188
各自、料理とお酒を持ち込んで!
Dsc_1193
いつもの七味のように茶碗蒸しに
Dsc_1194
始まり、続いて八寸
Dsc_1210
そして、肉料理
Dsc_1195
煮物と!
  
みんなの料理で大将と奥さまを
おもてなし~です。

  

そしてそして、ケーキ入刀!
Dsc_1205
入刀も大将が日頃使われている
包丁で・・・
Dsc_1204

日頃、お客さまとの会食にそして
プライベート飲み会にといつもお世話
になっている七味!

   

七味名物の八寸に難しいお客さまも
笑顔となり、心を開いてくれたこと
も何度も・・・

   

大変お世話になっています。

   

ということで集まりましたが、本音は
今では大阪、東京とバラバラになって
しまった七味共通の親しい友人と会い
たかったからかな~

  

どちらにしても大切な七味、お世話に
なっている七味!

   

次に集まるのは七味(7/8)の日!

かな・・・

|

2020年2月23日 (日)

置かれた場所で咲きなさい

   

先日、男メシの部署で送別会があり
ました。

Dsc_1153   

異動される皆さんへ今までのお礼を
申し上げました。
    

   
送別会で皆さんにお伝えしました。

  

「置かれた場所で咲きなさい」

   

ご存じの通り、渡辺和子さんの言葉
です。

   

どのような部署に異動になろうとも
その部署が我々の居場所です。
その居場所で咲く努力をして下さい。

    

しかし、どうしても咲けない時も
あるでしょう。
その時は我慢する時で、下に根を
しっかりはるようにしましょう。

   

そうすれば次に花を咲かせる時に
より大きく、より綺麗な花が咲くで
しょう。

  

男メシが常に自分にも言い聞かせて
いる言葉です。

  

男メシも今まで8回異動しました。

   

今思います。
今まで無駄なことは一切無かった。
今までの経験が色々な場面で役に
立っていると!

   

皆さんが置かれた場所で咲かれる
ことを信じています。

|

2020年2月22日 (土)

素晴らしいコラボ!真の目的は?

   

パートナーさまからバレンタイン
チョコを頂きました。
Dsc_1165   
またまたお洒落なコラボです。

      

前回は
Dsc_0940_20200221081401
それにしても素晴らしい!

   

同じ物を頂くにしてもこういった
お洒落な物を頂く方が嬉しい~
ですよね。
Dsc_1166
パッケージで感動し、中身を見て
Dsc_1169
更に感動です。
素晴らしい。

Dsc_1170

ただ、このコラボの真の目的は
何なのでしょうか?
色々と調べてもわかりません・・・

Dsc_1170

次回お会いした時に聞いてみたいと
思います。

|

2020年2月13日 (木)

高専生だけでなく、高校生も大学生も日本の宝です

   

素晴らしい」!
Dsc_1100
香川高専生がAIで起業!

   

香川県出身でAI研究の第一人者で
ある東大の松尾教授は「高専生は日本
の宝」と言われていますが、高校生も
大学生も宝です。

    

その宝にもっともっと色々な機会を、
そして、色々な情報を、知識を伝え
たいです。
Dsc_1098
そのための試みを4月から始めます!

   

高校生、高専生、大学生、専門学校生
だけでなく、社会人の皆さんにも!

   

地方こそデジタルに向けた施策!
Dsc_1099
もう少ししたら発表します。

|

2020年2月10日 (月)

地方こそデジタル!高松市が便利になっています!

   

高松市が便利になっています。
Dsc_1072
タブロイド紙にこんな記事が載って
いました。

  

おくやみ時に複数の手続きを原則、
一か所の窓口で対応してくれて
います。

  

そして、ICTやデジタルを活用して
更に便利にしようとする取組も
始まっています。
Dsc_1073
この取組には男メシの会社も関わら
せて頂いています。

  

今後、少子高齢化で生産年齢人口が
減少する一方で皆さんの要望が多様化
していきます。

  

となると好むと好まざるとに関わらず
ICTやデジタルを活用せざるを
得ないと思います。

  

特に地方は。

  

地方こそデジタルです。

|

2020年1月30日 (木)

これから重要なのは異業種の方々とのお付き合い

   

パートナーさまから頂きました。
Dsc_0940
パートナーさまがピエール・エルメ・
パリとコラボしています。

Dsc_0943   

パートナーさまらしくパッケージも
洒落ています。
Dsc_0941
異業種間のコラボです。

  

男メシも最近異業種の方々とお話を
する機会が増えました。

  

その際、感じるのは、
 ・考えるポイントが違う
 ・そこから今までとは違う考えが
  生まれ始めた
次に目指すのは、新し発想、そして
新しいビジネス!

  

改めて思います。

   

これから我々が考えなくてはならない
のは、如何に多くの異業種の方々と
接するか!

|

2020年1月 1日 (水)

今年から、世間によし!しっかりと考えてまいります

   

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

  

鏡餅は男メシの大好きな庵治石
ガラスです。
Dsc_0768
そして、お節料理も作りました。
Dsc_0765
前回までは作ることだけで精一杯
でしたが、今回からは盛り付けの
信号の色、三色にも気を付けました。

  

どうですか?
ちょっとは上達したでしょう~

  

さて、今年から目指すべき商売の姿で
ある三方よし、売り手によし、買い手
によし、世間によし の中の特に
世間によし を今まで以上に考えて
まいります。

  

まず最初にこの四月からデジタル人材
の発掘、育成に向けた試みを開始しま
す。

  

高松市は今、スマートシティの実現に
向けて取り組んでいます。
実現の鍵はデジタル人材です。
地方こそデジタル人材が必要です。

  

社会人だけでなく、これから社会を
高松市を支えてくれる高校生、高専生、
大学生も含め、デジタル人材の発掘、
育成を始めます。

  

世間によし!
を皆さまのお力をお借りし、しっかり
考えてまいります。

  

皆さま、今年もよろしくお願い
いたします。

|

2019年12月31日 (火)

お客さま、パートナーさま、先輩、同僚、皆さまに生かされた一年、ありがとうございました。

   

年末最後の会食は大切なパートナー
さまとでした。

  

備前焼に盛られた
Dsc_0737
美味しい料理
Dsc_0742
に備前焼の徳利!
Dsc_0741
備前焼好きの男メシにとっては幸せな
ひと時でした。

   

お店は高松市の雨ノチ晴レル家!

  

大将が男メシ同じ備前焼好きという
ことで、備前焼祭りにも行かれている
ようです。

  

さて、今年もお客さま、パートナーさま
そして、社内の先輩、同僚の皆さんに
助けて頂き、一年、過ごすことができ
ました。

  

歳を重ねるごとに皆さまに助けられ、
生かされていることを感じます。

  

若い時には分からなかったことが
分かるようになってきました。

  

皆さまへの感謝、そして、これから
どう恩返しをするか・・・
よく考えるようになりました。

  

来年から恩返しを少しずつ始めます。

  

皆さま、今年一年本当にありがとう
ございました。
来年も引き続き御指導、ご支援を
よろしくお願いいたします。

  

皆さまよいお年をお迎えください。

|

2019年12月26日 (木)

信じ、任せてくれました。

 

先日、男メシの会社の元社長にお会い
しました。
Dsc_0694
男メシの会社が今、最も注力している
事業の開始を決定してくれた元社長です。
  

大恩人です。

  

通常、事業を開始する際、スモール
スタートし、市場等の様子をうかがい
ます。
そして、初期の成功が見えた段階で
事業を拡大を決定します。

  

当然の考えです。
検討段階で想定していた通り市場が
お客さまが受け入れてくれるはずが
ありません。

   

ただ、今回の事業は最初から拡大形
最終形で提案、お願いしました。

  

元社長は、それを否定することなく、
信じ、任せてくれました。

Dsc_0690   

そして、事業開始後、雲行きが怪しく
なった時、男メシが不安で不安で仕方
ない時、この笑顔で励ましてくれ
ました。

   

何度も何度も救われました。

本当にありがとうございました。
   

   
正に理想の上司、経営者です。

   

   

男メシも目指します。

|

2019年12月15日 (日)

お客さまと協創していこうとする LINKSPARK

  

先日、NTT西日本さまの
LINKSPARK(リンクスパーク)
に行ってきました。
Dsc_0614
ショールームと思っていたのですが
一般的なショールームではありま
せんでした。

  

色々なところにお客さまを楽しませ、
そして気付きを促す仕組みが!

Dsc_0616

NTTの冠がついた会社は、世間
一般的には「かたい会社」という
イメージですが、このLINKSPA
RKにはそのようなことは全く感じら
れませんでした。

   

物を、サービスを売ろう、売ろうと
するのではなく、お客さまと協創して
いこうとする姿勢が感じられました。

   

男メシの会社も見習わないと!

   

本当にいいものを見せて頂きました。
ありがとうございました。

|

2019年11月18日 (月)

高松空港で乗ったタクシーの運転手さんから

   

先日、高松空港からタクシーに乗り
ました。

   

その時、タクシーの運転手さんから
嬉しいお話を聞きました。

  

運転手さんは男メシを東京からの
出張者だと思われたのでしょうか。

   

高松のいいところを話してくれました。
Dsc_0333_20191117134801
その中で高松は、地震や台風等の
自然災害の少ない安心安全な場所。

  

それが証拠に大きなデータセンター
が建設された。
この前2棟目が完成した。

  

多くの人が高松空港からデータ
センターへ行くのにタクシーを
使ってくれる。
有難いことだ。

と。

      

その話を聞いてとても嬉しく
なりました。

   

男メシの会社のデータセンターが
こういったところでもお役に立って
いるんだと。

   

売り手によし、買い手によし、
世間によし

   

この三方よしを男メシは目指して
います。

   

少し近付けたように思いました。

 

|

2019年11月17日 (日)

若手にとって貴重な経験でした。

   

毎年、この時期にIT業界各社の
トップの方々が香川県にお越しになら
れます。
Dsc_0433
男メシの会社の若手社員がこの会の
準備、そして当日の運営にあたります。

   

若手社員にとってはとても貴重な経験
です。
業界のトップの方々と直接話ができる
のですから。

  

そのような機会に自ら積極的にトップ
の方々の話を聞こうとする若手も
いますし、同僚としか話をしない若手
もいます。
恥ずかしいのでしょうか?

  

男メシも若い時、上司によく言われ
ました。

  

色々な人の話を聞くように、特に自分
より多くの経験、知識を持たれている
人の話を聞く機会は非常に貴重だと。

   

その時に聞いた話がきっかけで交渉が
まとまったこともあります。
そして話をして頂いた方が今や、業界
の重鎮になられ、多くの場面で助けて
頂いています。

   

今回もトップの方々が男メシの会社の
若手に多くの話をして頂きました。

   

本当にありがたいことです。

|

2019年11月 4日 (月)

責任力

  

令和元(1)年11/1、
「1」並びの日に男メシの会社が日経
新聞に掲載した広告です。
Dsc_0372

安心安全な香川県高松市の
データセンター、パワリコ。
N棟+S棟で西日本最大級です。

  

そのパワリコを運用保守するメンバー
の写真入りの広告です。

  

データセンターは、安心安全な場所に
品質の高い構成で建設することは当然
のことです。
それに加え、大切なお客さまのシステム
をお守りする「人」の「責任力」が重要
です。
Dsc_0373
データセンターと言えば香川、高松
に向けてこれからも写真のメンバーが
愚直にお客さまのシステムの保守に
努めてまいります。

|

2019年11月 2日 (土)

四国を、香川を、高松を味わって頂けたようです

   

昨日、男メシの会社のデータセンター
パワリコの2棟目、S棟のサービスが
開始されました。

   

1棟目のN棟と合わせると、日本の
データセンターの最高スペック
ティア4のデータセンターでは、
延床面積では西日本最大級になりました。

  

そのS棟竣工祝賀パーティ
Dsc_0339
を高松市が誇る栗林公園内の
商工奨励館で行いました。
Dsc_0333
パーティーでは、香川県で採取される
サヌカイト、別名、カンカン石の楽器
Dsc_0336
で演奏。
演奏者は高松市ご出身の小松玲子さん。

  

心地よい澄んだ音色!
世界で唯一の「石の楽器」とも言われて
います。

  

素晴らしい演奏でした。

  

そして、男メシの会社の法人向け
ビジネスのイメージキャラクター
仁王像
Dsc_0344
を書いて頂いている四国、松山市
ご出身の茂本ヒデキチさんをお呼び
して、我々の前で仁王像を書いて
頂きました。

  

最初は何を描いているのか分かりま
せんでしたが、描かれ、進んでいく
うちに仁王像が浮き出てくるようで
した。

  

栗林公園の黒松をバックに仁王像が
映えました。

  

そして、そして、今回のパーティー
の運営をお願いしたパートナーさま
からサプライズでデータセンター
Dsc_0338
を模ったケーキ!

  

ご出席頂いた多くのお客さまから
ご満足のお声を頂きました。
四国を、香川を、高松を味わって
頂けたようです。

   

スタッフ、パートナーさまが一体と
なって考えに考え、そして、運営の
準備をしてくれたお蔭です。

    

本当にありがとうございました。

    

天気にも恵まれ、西日本最大級の
データセンター「パワリコ」は
最高のスタートを切ることがで
きました。

|

2019年11月 1日 (金)

データセンターと言えば香川、高松に向けて

  

今日、男メシの夢
「データセンターと言えば香川、高松」
に向けて第2ステージに入ります。

  

地震や津波などの自然災害の少ない香川
高松市!
  

データセンターの建設場所としては、
最適です。

   

お客さま、業界の皆さま、お取引さま
からお祝いのお花、お言葉を頂きました。

   

皆さま、本当にありがとうございます。

  

その中に男メシの会社の社章をデザイン
Dsc_0325
したお花がありました。

   

業界の重鎮で長い間ご指導を頂いて
いる方から頂きました。

   

ビジネスに最も必要な目配り、気配り、
心配り、そして、このようなセンスの
良さについてもご指導を頂いています。

   

ありがたいです。

  

皆さまのご指導、励ましを胸に夢の実現
に向けて精進してまいりますので、引き
続きご指導の程、宜しくお願いい
たします。

|

2019年10月22日 (火)

瀬戸内海の漁獲量が減っています

  

先日、大変気になる記事が日経に掲載
されていました。
Dsc_0248
瀬戸内海の栄養と漁獲量が減少して
いるということです。

  

確かにスーパーで瀬戸内海で獲れた魚
が少なくなっています。

  

岡山の実家でも岡山名物の「ままかり」
を見かけなくなりました。

  

瀬戸内海の海の透明度は上がり、綺麗
になっています。
魚の餌となるプランクトンが減り、赤潮
も減っています。

  

これからは綺麗な海だけではなく、
豊かな瀬戸内海を目指さなくてはなり
ません。

  

魚も資源です。
限りある資源、大切に育てなくては
なりません。

|

2019年10月21日 (月)

会食前にお客さまをお出迎え、会食中、会食後に

  
先週、お客さまとの会食がありました。
  
その会食前にお客さまをお出迎え。

Dsc_0261

そして、会食中のお客さまとの話題
作り、会食後、お客さまの帰りの足の
手配、そしてお見送り。
翌朝、お客さまへのお礼のメール!

  

こういったことが自然とできるように
なりました。

  

当然、最初はみんな出来ないですし、
分かりません。

  

経験も無い、何知らないから当然です。

  

教わって初めてできます。

  

一度教わってできる人、何度教わって
もできない人、色々です。

  

会食でアルコールが入り、気が緩みます。
ただ、そういった状況下でも教わった事
感じた事、反省点、そして、最も重要な
お客さまとの会話の内容を覚え、会食後
にお客さまへ適切に対応できる人もいます。

  

素晴らしい!
全ては心がけ次第です。

   

頑張って欲しいです。

|

2019年10月16日 (水)

実るほど頭を垂れる稲穂かな

  

実りの秋の光景です。
Dsc_0217_20191015091901
実るほど頭を垂れる稲穂かな。

  

お袋さんに言われ続けた言葉です。
改めて噛みしめました。

    

さて、この諺、五・七・五になって
いるんですね。

  

俳句なんでしょうか?

  

色々と調べてみましたが、よく分かり
ませんでした。

   

ご存知の方、いらっしゃいますか?

|

2019年10月 7日 (月)

いい物を作るのは当然、それをどう見せ、見せると連動してどう売るか

   

衝撃的な広告が日経に載っていました。

Dsc_0161

シーチキンのはごろもフーズ、
サラダチキンのプリマハムは両社共に
今年、創立88周年を迎えます。

Dsc_0162

海のチキン「まぐろ」VS陸のチキン
「ニワトリ」の戦い、そしてコラボし
シーチキンチキンという新商品の発売
を開始した広告です。

Dsc_0163_20191007120601

新聞広告だけでなく、Webも
も見ごたえ十分!

  

この発想がスゴイ!

  

そして、見せ方も最高に面白い!

  

いい物を作れば売れる時代ではあり
ません。

  

いい物を作るのは当然で、それをどう
見せ、見せると連動してどう売るか?

  

自社のみで展開するより協業した方が
良ければ、今までの枠にとらわれず、
手を組む!

  

売るために、利益を上げるために、
社会貢献するためにどう行動するか?

   

勉強になります。

|

2019年10月 5日 (土)

働き方改革とガバナンス強化

  

先日、ここでお客さまと打合せ。
Dsc_0126
wework。

  

最近、働き方改革で利用企業が増えて
います。

  

利用されているお客さまにお聞き
すると、オフィス環境は、非常に良い
ようですが、働き方については???

  

社員の直行直帰を推奨するあまり、
配下のメンバーと顔を合わすことが
激減し、メンバーが会社の方針を理解
し、行動できているのか?
お客さまとどのような交渉を行って
いるのか?
何か困っていることはないのか?

  

状況を適時、報告するメンバーも
いれば、結果だけを報告する
メンバーもいるようで、管理しよう
にも管理できないと。

   

一方ではガバナンスの強化が求め
られ、特に管理職はプロセスの把握に
努めなくてはなりません。

  

経営者、管理者の役割が非常に重要
になってきています。

  

男メシは、メンバーを管理者に昇進
させる際のポイントとして
 メンバーに嫌われても厳しく指導
 できるか?
 嫌われても伝えるべき事をはっきり
 伝えられるか?
 嫌われ者になれるか?
だと思っています。

  

八方美人では務まりません。

   

特にこれからは。

|

2019年9月15日 (日)

四国新聞 創刊130周年!

   

四国新聞社さまから頂きました。
Dsc_0130
カステラです。
Dsc_0131
最近、多くなりましたね。

   

カステラや煎餅に印刷してお客さまに
お配りするプロモーションが。

  

このカステラにも印刷されていますが、
四国新聞は創刊130周年です。

   

企業が100年、生き残れるのは、
非常に僅かな確率です。
奇跡です。

  

四国新聞、創刊130周年!
本当に素晴らしいです!!

   

日本全国には100年企業は、
約3万社、そして、香川県には
約400社あります。

  

戦争、震災、そして、経済恐慌等
色々な危機を乗り越え、企業を存続
させていることは並大抵のことでは
ありません。

   

本業に集中、業務の多角化等それぞれの
企業にはタイミングに合わせ、生存の
方法があったはずです。

  

帝国データバンクによると、
  100年企業はBCP策定率が高く
  危機意識が高い
と発表しています。

  

生き残るには生き残る理由があるの
ですね!

   

見習わなくてはなりません。

|

2019年9月14日 (土)

プラゴミみんなで減らそうよ!

   

ちょっと愚痴らせて下さい。

  

男メシの買い物バックです。
Dsc_0135_20190913112001
買い物に行く時には忘れずに持って
行きます。

   

プラゴミを減らさないといけないです
からね~

  

  

先日、スーパーで店員さんが間違えて
男メシにプラ袋をくれました。

   

男メシがプラ袋を店員さんに返そうと
すると、隣から「それ頂戴」って
お客さんが男メシからプラ袋を奪って?
取っていきました。

   

そのお客さんは男メシから奪った?
プラ袋を使わず、持って帰りました。

   

プラゴミ、みんなで減らそうよ!

|

2019年9月 8日 (日)

柿の葉寿司とホテイアオイ

   

柿の葉寿司を頂きました。
Dsc_0133
お寿司を柿の葉に包んだ柿の葉寿司
です。

   

奈良県の吉野地方の郷土料理です。

   

殺菌効果のある柿の葉にお寿司を包み、
保存していたようです。

   

奈良県といえば今、奈良県橿原市
本薬師寺のホテイアオイが見頃です。
Dsc_0125
以前、植物学の田中修博士から教わり
ました。
Dsc_0134
田中博士の著書
「植物のかしこい生き方」にも書かれ
ています。

  

ホテイアオイは、整った環境の中では
旺盛に繁殖する一方、金魚鉢や水槽の
中では、分相応の生き方を選択します。
金魚鉢や水槽の中で栽培されている
ときには、潜在的な能力を隠し、鑑賞
用の植物として、それ相応の美しさで
育つという、自分の置かれた状況を
楽しんでいるのかもしれません。
能力が十分に発揮できない環境であって
も、与えられた場でめげることなく、
精いっぱい生き抜く!
あせらず、いつか自分の能力が発揮
できる環境に変わるその日を待つ。

   

見習わなくてはなりません。

   

思い出しました。

|

2019年8月 1日 (木)

データを使って幸せに、豊かになる高松市

   

昨日(7/31)の四国新聞、朝刊です。
Dsc_0071_20190801085001
大西高松市長との対談に出演させて
頂きました。

Dsc_0070_20190801085001    

今、男メシは、高松市が推進している
「スマートシティたかまつ」の推進
協議会の運営委員をしています。

   

そのスマートシティのことでお話を
させて頂きました。

     

「データは21世紀の石油」と言われ、
GAFAに代表される事業者は、その
データを集め、使い、大きく成長して
います。

  

そのような状況下で今後は、データを
集め、見える化するプラットフォーム
(PF)が必要になってきます。
   
高松市ではそのPFを設置し、市民も
活用できるようにしようとしています。

Dsc_0072_20190801085001

色々なデータが高松市が設置したPF
に集まり、見える化し、使えるように
なります。

  

PF上にあるデータと我々が持っている
データとを組み合わせることによって
分かってくることもあります。

  

データを使って生活が便利になるだけで
なく、新しいビジネスが生まれるかも
しれません。

  

PFの役割は、非常に重要であり、
今後益々重要度は上がってきます。

  

スマートシティで先頭を走る高松市が
データで生活が便利になり、幸せに、
豊かになる。

  

素晴らしいでしょう!
高松市の取組!

  

ご期待下さい。

|

2019年7月21日 (日)

市場とお客さまのことを考える!

   

お客さまへご挨拶にお伺いしました。
Dsc_0076_20190721093601
男メシが大好きなサイトを運営し、
男メシが大変お世話になっている会社
さまです。

   

男メシは、もう何年もお世話になって
ますが、サイトが毎年毎年使い易く
なっています。
常にお客さまのことを考えている証拠
ですね。

   

男メシは、ふるさと納税を知らない
同僚には、先ずこのサイトを紹介
します。
そして、使い始めた同僚は、男メシに
「ふるさと納税って意外と簡単なん
 ですね」
と嬉しいコメントが。

  

それもこの会社の、このサイトのお蔭
です。

   

我々が忘れてはならない言葉
 「市場とお客さまのことを一番に
  考える!
  それが仕事である!」
その言葉通りの会社です。

   

見習わなくてはなりません。

  

ちなみに打合せ前に全国各地の飲み物
Dsc_0072_20190721093601
を自由に選び
Dsc_0073_20190721093601
頂きました。

   

このような所にも「市場とお客さまの
こと」が考えられていますね。

   

これからもご指導の程、宜しくお願い
いたします。

|

2019年7月12日 (金)

変えようとするな、分かろうとせよ

  
先日、男メシの会社の部長研修に
オブザーバで参加しました。
  
部長は、業務遂行の責任者であり、
また自部門のメンバー個々人の人財
育成についても考えてくれています。
  
昔々、歌に「サラリーマンは気楽な
稼業ときたもんだ」という歌詞があり
ましたが、そんな事は全くありません。
  
特に管理職ともなると自分の事以外に
業務にも人財育成にも責任を持たなく
てはなりません。
  
本当に大変です。
  
その部長研修で改めて人財育成で
大切な言葉を思い出しました。

Dsc_0068_20190711081601

まず、変えようとするな
わかろうとせよ。

  

兎に角、先ずは良く聞くこと。
メンバーの意見を兎に角聞くこと!

  

最近、出来ていなかったな・・・

  

こういう研修に参加すると毎回毎回
反省すべきことがよく分かります。

Dsc_0073_20190711081701

必要ですね。研修!

|

2019年7月 5日 (金)

今こそ愚直の意味を噛みしめる時かと

   

匠の技!

   

こんな素晴らしい物を頂きました。
Dsc_0077_20190704170801
漆磨、これで「シーマ」と読ませる
ようです。

   

ステンレスを金属加工の新潟県燕市で
成型し、磨きに磨いています。
Dsc_0078_20190704170801
ただ「磨き」は、単に磨いているだけ
ではなく、内側の下部にはビールや
炭酸飲料の泡を作る磨き筋と言われる
筋?を残し、上部は、泡を細かく
クリーミーにするためにピカピカに
仕上げています。

Dsc_0066_20190704170801    

そして、外側は石川県加賀市の山中塗
です。

  

日本の匠の技と技のコラボレーション
です。

   

最近、ものづくり日本、
Made in Japan の信頼
を失墜させるような問題が連続して
います。
   
日本は、高度経済成長期、世界の工場
と呼ばれていましたが、当時の日本製
は「安かろう悪かろう」でした。

  

それを長い間の必死の努力で性能、
品質を向上させ、Made in 
Japanは高品質の代名詞となり、
信頼を勝ち取りました。

  

愚直に守り続けたものが今・・・

   

今こそ「愚直」の意味を噛み締める
タイミングかと思います。

|

2019年6月25日 (火)

これもDXに因るものなのでしょうか?

   

先日、東京でお取引さまからイベント
に招待され、その後、お取引さまと
打合せを行いました。

   

その打ち合わせの場所がこんな感じ
でした。
Dsc_0066_20190624083001
船の上です。
Dsc_0067_20190624083001
イベント会場も品川シーサイドの
倉庫群で、会場内に生バンドが入り、
その中で社長他VIP自らが説明を
行う等、やり方が大きく変わっていました。

   

そういえば最近、こういった変革?が
至る所で見られます。

  

これも最近、よく使われている「DX」
によるものなのでしょうか?

Dsc_0069_20190624083001    

男メシの会社も遅れることなく、付いて
いかなくてはなりません。
  
日々、気づかされます。

|

2019年6月17日 (月)

良記事、日経四国地域経済面 観音寺信金

  
良記事

Dsc_0067_4   

6/15(土)日経の四国経済面で
観音寺信用金庫が紹介されていました。

  

「効率経営の雄、観音寺信金、
 スリムな本部で経費削減」

  

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46070010T10C19A6962M00/

  

観音寺信用金庫の素晴らしさもさる
ことながら、取材に取材を重ね、
分析し、書かれた記事、読み応えの
ある記事を久し振りに読みました。

  

中でも
「本部に人が余計にいるとどうしても
 暇な時がある。すると周囲の目も
 あることなどから何かしなくては
 ならないという気持ちになり、
 やらなくてもいいことを始める」
その通り!

  

最近、インターネットで検索した情報
を基に記事を書く新聞記者もいると
聞いたことがあります。

  

そんな中、この記事は素晴らしいです。

|

2019年6月15日 (土)

「肉山」高松でお祝い会

   
久し振りに肉の名店、「肉山」高松に
行きました。

Dsc_0063_5

20年来、お付き合いを頂いている
お取引さまがご昇進されたので、その
お祝い会をしました。
Dsc_0067_3
過去には競合することもありましたが
最近では協業することが多く、色々な
場面で助けて頂いています。

   

お客さまのご要望は多種多様であり、
また、非常に幅広くなってきており、
お客さまのご要望を男メシの会社一社
で対応することは難しく、他社との
連係が非常に重要です。

   

その連係の根幹は、やはり、人と人の
繋がりだと思います。
そして、その繋がりの大切さを歳を
重ねる度に感じています。

   

本当にありがたいです。
これからもよろしくお願いいたします。

|

2019年6月 7日 (金)

頑張れ!

   
先日、男メシの部署の歓送迎会が
開かれました。
   
入社2年目の彼女が新しい部署に異動
します。

Dsc_0082_2

1年前、入社した当初の不安一杯の
彼女の顔が懐かしく思います。
   
最近では先輩社員との打ち合わせ
での発言も自信に満ち溢れています。

Dsc_0079_3

この一年間の成長振りは本当に素晴ら
しいものがあります。
辛い思い、悔しい思いもしたんだと
思います。

  

それが今の表情の糧になっているの
でしょう。

   

新しい部署で更に経験を積み、多くの
失敗から学び、視野を拡げてもらい
たいです。

   

頑張れ!

|

2019年4月23日 (火)

流水は腐らず、淀む水には芥溜まる

   

新年度に入り、先日、男メシの部署
でも歓迎会がありました。
Dsc_0083
新たに異動されて来た方々をお迎え
しました。

  

  

流水は腐らず
淀む水には芥溜まる

  

という言葉があります。

  

重い言葉です。

  

管理職となると、今の業務を如何に
円滑に遂行するか?を考えることは
当然です。

  

が、そればかり考えていると人事異動
はできません。

  

若い方々を如何に育成するか?

   

男メシは、管理職が一番に考え
なくてはならないことであると
思います。

|

2019年4月15日 (月)

千回、寒さに耐え花を咲かした 醍醐桜

  

醍醐桜を観に行きました。
Dsc_0048
岡山県真庭市にある醍醐桜です。

 

推定樹齢は千年。

 

後醍醐天皇が隠岐に流される途中に
この桜を観て、その美しさを賞賛した
ということが言い伝えられています。

 

写真では分かり難いですが、本当に
大きな桜です。
デカイ!
そして、花も見事です。

 

千回、寒い冬を耐え、春を迎え、花を
咲かしてくれているんですね。

 

桜が綺麗に花を咲かせるためには寒い
冬に耐える必要があります。
真庭市は、冬には雪が積もります。
醍醐桜は、その寒さに耐えています。

 

人財育成と同じです。

 

今、寒さの中にいる若い方々へ

 

必ず春はやって来ます。
そして、少し先になって自分自身が
思います。
いい経験だった!と。

 

加えて、周りの人達は感じます。
彼は一回り大きく成長したな!と。

 

男メシは思っています。
人生、何一つとして無駄なことはない!
と。

|

2019年4月11日 (木)

縁、恩

   
桜、菜の花
Dsc_0026
と、この時期は色々な花が咲き、
華やかな気持ちになります。
Dsc_0022
この時期に思い出す言葉です。

  

縁ありて花ひらき、恩ありて実を結ぶ

  

奥深い言葉です。
ビジネスの上で大切な事が詰まった
言葉です。

  

男メシももう実を結ばなくてはなら
ない立場であり、年齢です。

   

言い聞かせました。

|

2019年4月 1日 (月)

新年度に入りました

   
4月1日、新年度になりました。
   
男メシの会社でも入社式がありました。
   
入社式で新入社員の顔を見ると、不安
の中にもキラキラとして眩しかった
です。

Dsc_0010

健康に気を付けて、頑張って欲しい
です。

毎年、入社式で思い出すようにして
いる言葉があります。

男メシが若い時、尊敬する方から頂いた言葉です。

   

会社生活が長くなると自分の仕事が
なんなのか?ということより、周囲の
評価や人間関係ばかり気にするように
なる。
そんな事、気にするな!
お客さまと市場のことだけを考える。
それが仕事である!

 

今年も思い出しました。

|