« 干し椎茸の軸を使って焼売を作りました。 | トップページ | 納豆と一緒に何を交ぜるか?今回は南瓜です。 »

2022年9月13日 (火)

伊方杜氏!の歴史を見てきました。日本酒好きにはたまらない。

    

四国の最西端の町、伊方町には昔、
多くの杜氏がいました。
Dsc_7352
伊方杜氏と呼ばれていました。

    

酒蔵の責任者「杜氏」、そして、杜氏
の配下の職人「蔵人」合わせて、大正
時代、最盛期には、伊方には九百人も
いたようです。
Dsc_7359 
それが酒蔵、酒造所の減少、酒造りの
機械化等により、減少し、今では
伊方町には杜氏は一人もいないよう
です。

   

なぜ、伊方町に多くの杜氏がいたのか?

   

伊方町の最大の特徴、佐田岬半島は
平野が少なく農業には不向きでした。
農業収入だけでは苦しく、昔から
出稼ぎが盛んでした。
Dsc_7356
お米を収穫した後、酒作りが始まる
ことを考えると、農閑期の出稼ぎには
杜氏という職業は最適であったと考え
られます。
Dsc_7357
写真の赤い点が伊方杜氏が活躍した
地域ですが、海を渡って朝鮮半島まで
行っていたんですね。

   

そんな伊方杜氏資料館が伊方町生涯
学習センターにあります。

Dsc_7358

先日の伊方町デジタル推進会議前に
ジックリと伊方杜氏の歴史を見て
きました。

Dsc_7360

日本酒好きの男メシとしては、大変
興味深く、見応えがありました。

|

« 干し椎茸の軸を使って焼売を作りました。 | トップページ | 納豆と一緒に何を交ぜるか?今回は南瓜です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事