« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月31日 (月)

土佐赤牛の赤身の重要な65℃を守って!

    

先日、赤身肉のステーキを焼く時の
大切な温度、65℃をご紹介しました。

  

早速、ふるさと納税の返礼品、土佐
赤牛を週末にステーキにしました。
Dsc_5524
先ずは65℃×10分、お肉をジップ
ロックに包み、湯せんしました。

    

そして、フライパンにバターを入れ、
お肉の各面を1分、シッカリ焼きます。
Dsc_5527
最後に焼き上がったお肉をアルミホイル
に包みお肉を落ち着かせました。

Dsc_5528

さて、出来上がりは?

    

こんな感じです。
Dsc_5533
お店に出て切るようなミディアムレア
状態です!!

   

いい感じでしょう~
最初にしては上出来でしょう~

  

  

お塩と山葵で頂きました。

   

もうニンマリ状態です。

   

大変大変美味しく頂きました。

|

2022年1月30日 (日)

牡蠣フライは牡蠣を二つ合わせて!

   

今年初の牡蠣フライです。
Dsc_5522
男メシの牡蠣フライは二つ粒です。

    

写真の一番左が一つ粒、その右の二つ
が二つ粒の牡蠣フライです。

    

牡蠣フライの名店のシェフから教わり
ました。

    

牡蠣フライは二つ粒!

    

牡蠣を食べた感、満載!満喫!

   

本当に旨い!

   

  

この時期の牡蠣は大粒です。
それを二つ合わせてフライに!

   

旨いに決まっています。

   

最高~

|

2022年1月29日 (土)

鮭ご飯にイクラをトッピング!最高~でも尿酸値が・・・

   

ふるさと納税の返礼品、イクラが届き
ました。
Dsc_5495
ご飯に載せて食べるのもちょっと芸が
無いかな~と思い、冷蔵庫にあった鮭
Dsc_5502
で鮭ご飯を作り、その上にイクラを
トッピングし
Dsc_5513
鮭とイクラの親子ご飯で頂きました。

   

赤い身ですが、白身魚の鮭、そして、
アンチエイジング効果のある鮭の
アスタキサンチン、EPA、DHA
等々の栄養分がご飯に染み込み!

    

さらにイクラに含まれるEPA、
DHAをシッカリ噛みしめ、大変
美味しく頂きました。

   

   

ただ、イクラを食べ過ぎると、尿酸値
が・・・なんですが、食べている時は
忘れ、本当に美味しく頂きました。

|

2022年1月28日 (金)

菜花をただ焼くだけ、ただかけるだけで美味しい~

       

同僚から菜花を頂きました。

   

スーパー、産直市にも菜花が並び
始めましたね。

   

さて、番組男メシの2代目の先生、
なぁ~ちぇ 池田奈央先生から教わった
料理法、「ただ焼くだけ」
Dsc_5507    
トースターでただ焼いただけで早速、
頂きました。

    

味付けは、オリーブオイル+塩を
振っただけです。

   

香川漆器に盛り付けました。

   

   

焼いただけ、振っただけで、超お手軽
ですが、菜花のほのかな苦味が口に
広がり、大変美味しく頂きました。

   

レモン並みのビタミンC、それにカル
シウム、鉄分も豊富な栄養満点の菜花
です。

   

これからが旬の菜花をしっかり食べ
ましょう。

|

2022年1月27日 (木)

キューバ危機とピッグス湾事件

    

先日から男メシの部門の新たな人財
育成計画に基づいた研修が開始され
ました。

    

今回から、当社に加え、パートナー
のケーブルテレビ局の皆さんにも
ご参加頂きました。
Dsc_5491
今回の講師の先生は、私の尊敬する
慶應大学の田村教授です。
   
コロナ禍でもあり、オンライン研修
でしたので、私も田村先生の話を
聞くことができました。

   

もう何年も田村先生のお話しを聞いて
いますが、毎回毎回新しい発見、
明日から取り入れよう!と思うこと
を教えて頂けます。

   

また、以前お聞きし、忘れていたこと
の思い出しも多くありました。

   

ありがたい研修でした。

  

  

男メシが忘れてはならない「キューバ
危機における意思決定プロセス」も
田村先生から教わりました。

    

アメリカ史上最も偉大な大統領と
言われているケネディがキューバ危機
に際して決断に至るプロセスは大変
勉強になります。

    

しかし、ケネディは失敗もしています。

   

ピッグス湾事件です。

   

このキューバ危機とピッグス湾事件は、
セットで思い出すようにしています。

      

このようなことを教えて頂いた、田村
先生とのご縁を本当に感謝しています。

    

そのご縁を多くの人に広げていきたい
です。

|

2022年1月26日 (水)

土佐赤牛の赤身肉にとっての65℃は?!

   

ふるさと納税の返礼品、土佐赤牛の
もも ブロックが届きました。
Dsc_5481
冷凍されていますので、この週末に
でもステーキで食べま~す。

    

そういえば、先日、赤身肉で大切な
温度、65℃を教わりました。

   

お肉は、加熱する温度で固さが
変わってきます。
固さが変わるということは、美味しさ
も変わります。

  

  

お肉の温度が上がると、お肉の中の
タンパク質から水分が染み出てきます。

   

それが65℃を超え、さらに熱を加え
ると、タンパク質が縮み、水分が肉の
外に出、パサパサお肉になってしまう
ということです。

   

ということで、お肉を真空の袋に入れ
65℃のお湯の中に入れます。

   

そして、65℃の状態をキープした中で
10分間、湯せんし、その後でお肉の
裏表を各1分間、焼く!

  

  

お店で見るような表面、こんがり、
中身は赤いミディアムレアステーキの
出来上がり!

   

となるようです。

   

さて、実際は・・・

   

今週末に作ってみます。
結果はまたご報告します。

|

2022年1月25日 (火)

海水温が下がるほど美味しくなる牡蠣!香川県の牡蠣、美味しいよ~

   

今シーズン初の牡蠣ご飯です。
Dsc_5478
大振り、プリプリの牡蠣です。

   

牡蠣といえば広島県ですが、香川県も
牡蠣の産地なんです!
この牡蠣も香川県産です。

   

大変美味しく頂きました。

   

さて、よく「R」の付かない月は、
牡蠣を食べるな!

   

と言われますが、この諺?はフランス
の諺ということです。

   

同じような諺で日本にも
「花見を過ぎたら牡蠣を食うな」
というのもあります。

   

これは、この頃、フランスや日本の
北半球では、牡蠣が産卵して身が細り
美味しくなくなるから。と言われて
います。

  

調べてみると、真牡蠣は、水温が低下
(下降期)すると、栄養分を産卵の
準備の為に蓄積します。

   

それが、反対に冬から春にかけて水温
が上がり始めると、蓄えていた栄養分
をもとに生殖巣に卵・精子(配偶子)
を蓄積し、梅雨から秋にかけて蓄えた
卵・精子を放出します。

   

これはまた水温が下がり始めるまで
の間、繰り返されるようです。

   

ということは、海水温が最も低い時期
が牡蠣が最も美味しい時期!という
ことですね~

   

で、またまた調べてみました。

   

昨年、香川県の屋島湾では、午前9時
水深1.5mでは、
 2/18 : 8.1℃
が最低でした!

   

多分、今年も同じ頃でしょう。

   

ということで牡蠣が最も美味しいのは
2月中旬!ということです。

|

2022年1月24日 (月)

新浪社長の「人を生かす」5か条

 

先日、NHKのニュースでサントリー
新浪社長の「人を生かす」5か条
Dsc_5472
が取り上げられていました。

   

5か条は以下の通りです。

   

・賃上げで「やる気」を
・働き方に「選択肢」
・自分を見つめ直す「45歳」
・「副業」の活用
・デジタル時代こそ「人間力」

   

です。

   

どれも色々な場面で新浪社長が言われ
ている内容で、頷けるものです。

   

特に、最後の「人間力」については、
男メシも努力して高めていかないと
いけない!と思っています。

   

本を読むなどは当然ですが、色々な
人と会う、特に人間力の高い人と会う
ことを心がけています。

    

人との出会い、ご縁、本当に大切です。

|

2022年1月23日 (日)

高松市の渡邉酒造さん!いいお店を教えてもらいました。

   

いいお店を教えてもらいました。

   

日本酒好きの男メシには最高のお店
です。
Dsc_5475
高松市の渡邉酒店です。

   

色々なお酒は所狭しと並んでいました。

   

そして、お店の方も優しく、お酒に
関することを色々と教えて頂きました。

   

男メシは、今まで別のお店で日本酒を
買っていましたが、これからは、渡邉
酒店さんですね!

   

本当に多くの種類のお酒がありました!

   

買いたかった日本酒は、知り合いが
飲んでいる群馬県の巖でしたが、今、
製造を中止されているようで、買えま
せんでしたが、この二本を買いました。
Dsc_5476
高知県の蔵元、有光酒造さんとコラボ
して作ってもらったPB酒、純吟活性
にごり「白洞(びゃくどう)」と
山口県の八百新酒造の雁木です。
これも活性にごりです。

   

どちらも甘ったるくなく、爽やかな
感じのシュワ感でとても美味しく頂き
ました。

|

2022年1月22日 (土)

これぞ讃岐うどん!麺処山岡さん、復活!!

   

これぞ讃岐うどんの麺処山岡さん
Dsc_5469
が復活してくれました。

    

極太麺に最強のコシ!
Dsc_5470
そして、綺麗な麺は以前と全く同じ
です。

   

本当によくぞ復活してくれた~
と言う感じです。

   

男メシは、どちらかというと太麺
より細麺の方が好きだったのですが、
山岡さんの極太最強コシ麺を食べて
から太麺好きになりました。

   

男メシの好みをも変えた、山岡さん!
素晴らしいです。

   

本当にこれぞ讃岐うどん!

   

皆さん、是非是非!

|

2022年1月21日 (金)

今年最初の初食材!紫つくね芋、里ちゃん市場で。

   

里ちゃん市場で初食材を見付けました。
Dsc_5381
紫つくね芋です。

Dsc_5384

今年初の初食材です。

   

山芋の一種です。
滋養強壮、消化促進効果があります。

   

   

それにしても紫色の山芋?
どんな感じなんだろうかと・・・

   

ワクワクしながら皮を剥いてみました。

   

こんな感じでした。
Dsc_5457
うっすら紫色です。

   

ネットで調べてみると、中が全て
真紫色のお芋もあるようですが、
男メシが買ったのはそれほど紫色
ではなかったです。

   

さて、料理ですが、すり下して、
トロロにするというのはありきたり
かな。

   

ということで、今回は、唐揚げして
Dsc_5458
塩だけで食べました。

   

ホクホクして大変美味しく頂きました。

   

今年も初食材、沢山食べるぞ~

|

2022年1月20日 (木)

大根に茎の部分があることを知りました。

   

大根に茎の部分があるということを
知りました。

   

番組男メシの2代目の先生、
なぁ~ちぇ 池田奈央先生から教えて
もらいました。
Dsc_5455
男メシは、大根には葉と根しかないと
思っていましたが、

   

葉は分かりますよね!

   

残りの白い部分は、全て根だと思って
いました。

   

が、白い部分の葉に近いところで、
ヒゲのような細い根が生えていない
部分があります。

   

この部分が茎!

  

そして、細い根が生えている部分が
根!
ということです。

    

へぇ~!へぇ~!です。

   

また一つ勉強になりました。

   

ということで、大根を薄い薄い白だしで
煮て、柚子味噌で頂きました。
Dsc_5405
旨かった~

|

2022年1月19日 (水)

徳島県海陽町と高知県東洋町間の海岸線を走るDMV、乗りたい!

    

男メシの会社の今年のカレンダーです。
Dsc_5251
四国の鉄道をご紹介しています。

   

表面のイラストは、男メシの大好きな
ことでん志度線の一コマです。

    

瀬戸内海の優しいブルーとことでん
志度線の赤いラインのコントラストが
素晴らしいんです。
Dsc_5438
その他にも高知のとさでん
Dsc_5445
松山の伊予鉄
Dsc_5450
そして、先日、徳島県海陽町と高知県
東洋町を結ぶ海岸線で運行を開始した
阿佐海岸鉄道のDMV(デュアル・
モード・ビークル)
Dsc_5447
のイラストもあります。

   

道路から線路へ、線路から道路へと
モードを変えて走ります。

   

世界で初めて本格営業運行するDMV
です。

  

男メシも早く乗ってみたいです。
特に、道路から線路へモードが変わる
瞬間を体感したいです。

  

皆さま、是非是非  

|

2022年1月18日 (火)

ボタン海老に鰻が届きました。

    

先週末、次々とふるさと納税の返礼品
が届きました。

    

先ずは、北海道のボタン海老
Dsc_5417
続いて鹿児島県の鰻
Dsc_5439
冷凍庫がパンパン状態になりました。

   

早速、ボタン海老は、刺身&しゃぶしゃぶ
で頂きました。

   

刺身もいいですが、しゃぶしゃぶにする
と甘みが出て素晴らしく旨い!

  

  

そして、鰻は男メシの大好きなまぶし丼
にして頂きました。

  

鰻は、以前、鰻屋さんの大将から教わった
食べ方で料理しました。

   

先ずは、真空の袋から取り出し、鰻を
水洗いし、周りのタレを取り除きます。

   

そして、お酒をかけ、アルミホイルに
包み、グリルで焼きます。
Dsc_5430
鰻が温まったら、グリルを弱火にし
アルミホイルの上面を開き、鰻の表面
をカリッと仕上げます。

  

これで表面はカリッと中はふっくらした
鰻に仕上がります。

Dsc_5444

今回も上出来上出来!

   

大変美味しく頂きました。

|

2022年1月17日 (月)

日本伝統工芸展に行ってきました。名品の力を目の当たりにしました。

    

昨日まで開催されていた日本伝統工芸
展に行ってきました。
Dsc_5431
男メシのお目当ては、香川漆器に代表
される漆芸ですが、その他にも染織、
陶芸、金工、木竹工、人形等々が展示
されていました。

    

人間国宝の方の作品も多く展示されて
いました。

   

香川県の人間国宝、山下義人さん、
大谷早人さんの作品も見てきました。

   

お二方共に香川漆芸の代表格、蒟醤
(きんま)の作品でした。

Dsc_5451

蒟醤は、漆を何度も何度も塗り重ね、
その後、文様を線彫りし、そこに
色漆をはめ込み、塗り込みます。
そして、最後に表面を平らに研ぎ出す
という技法です。

Dsc_5453

大変細かな細工がいたるところに
施されており、見る角度によって、
光の加減によって表情が変わります。

   

思わず見入ってしまいました。

    

本当にいいものを見ることができ
ました。
何だか豊かになった思いでした。

    

これが名品の力なんですね。

|

2022年1月16日 (日)

現場第一!絶対に忘れてはならないことです。

   

先日、男メシの会社の元社長とパート
ナー会社さまの元副社長と会食をしま
した。
Dsc_5413
お二方は男メシの目標です。

   

お二方との時間は、大変ありがたく
楽しい時間です。

    

以前と変わらず、お二方共に大変アグ
レッシブで男メシも元気を頂きました。

   

そして、お二方の気遣い、心遣いに
いつも感謝すると共に、男メシも見習
わなくては!と思います。

   

そしてそして、お二方の「現場第一」
の考え、現場を大切にする姿勢を貫き
通されたことをお聞きし、改めて現場
の大切さを自分自身に言い聞かせ
ました。

  

施策を考え、現場でその施策を展開
する。
全てはお客さまのために。

   

お客さまに満足頂くためには、先ずは
現場のパートナーの皆さん、そして、
社員のみんなが満足しなくてはなり
ません。

   

現場第一!

    

絶対に忘れてはならないことです。

 

 

|

2022年1月15日 (土)

太陽に照らされた黄金の虎!のように。

   

先日の出勤時の一枚です。
Dsc_5411
日の出の瞬間ですが、雲の形が、疾走
する虎に似ているように!

分かります?

   

そして、その虎が太陽に照らされて
黄金に光っているように!

   

2022年は、壬寅「みずのえ・とら」
の年です。

   

壬寅は、「新しく立ち上がる」や
「生まれたものが成長する」といった
縁起の良い年です。

   

それを表すかのような黄金に輝く
「疾走する虎」に似た雲です。

    

縁起がいいですね!

  

いいことがあるぞ~

いいことを起こすぞ!

|

2022年1月14日 (金)

仕事は競争相手を自分の土俵に引き込むのが一番重要!

   

昨年末の日経新聞に幻冬舎の見城社長
のインタビューが掲載されていました。
Dsc_5282
若者に向けてのコメントでしたが、
とても勉強になりました。
頷けました!

   

サブタイトルは、
「どんどんヒンシュクを買おう」
でしたが、男メシが最も感じ入ったの
は、この部分です。
Dsc_5283
仕事は競争相手を自分の土俵に引き
込むのが一番重要。
それは自分たちがルールを変える、
ルールチェンジャーになること。

   

初めは異端でも、いつか王道になり、
常識になり、他社がまねをする。

  

  

正にその通り!

  

  

2013年、男メシの会社は、西日本
最大級のデータセンターを高松市に
建設し、サービスを開始致しました。

  

高松という地方都市に西日本最大級の
データセンターを建設すること自体が
異端でしたが、その販売、プロモー
ション手法も従来にはない考え、異端
でスタートしました。

  

最初は批判ばかりでした。

  

批判され続けましたが、今ではその
手法が王道になり、他社が同じことを
実施されています。

  

  

そして、今、また異端と思われる取組
を開始しています。
批判の声も聞こえてきます。

  

これがいつか王道になる!と信じて
いるのですが、また弱気の虫が・・・

  

でも今回は、メンバーみんなのやる気
に満ちた顔が男メシの弱気の虫を押さえ
込んでくれています。

   

本当にありがたい。

   

王道になるまで続けますよ~

|

2022年1月13日 (木)

香川県生まれの奇跡のチョコレート「巖Iwao」。 ホワイトチョコレートなのに褐色!

   

頂きました。
Dsc_5408
ホワイトチョコレートのみで作られた
にもかかわらず、チョコレートの
ような褐色のホワイトチョコレート
です。

    

ちなみにホワイトチョコレートがなぜ
白いか?
というと、チョコレートの原料であり、
褐色の素となるココアパウダーが入って
いないからです。

   

このココアパウダーにはチョコレート
の栄養素であるポリフェノールが含ま
れています。

    

ということで、ホワイトチョコレート
にはポリフェノールが含まれていない
んですが、苦味がなく、滑らかな口どけ
を楽しみたい時には、ホワイトチョコ
レートを!
です。

  

  

さてさて、今回頂いた奇跡のチョコ
レート「巖Iwao」は、特許製法により
褐色ブラウンへ生まれ変わった
ホワイトチョコレートです。

    

褐色なのに、ホワイトチョコレート?
なんです。

   

それに、プチプチとした食感で、
甘ったるくなく爽やかな甘さで、次々
と手が出てしまいます。

   

この素晴らしいチョコレートが香川県
さぬき市生まれなんです。

   

公邸料理人、井川宗隆さんによって
発明されたチョコレートです。

   

皆さん、奇跡のチョコレート「巖Iwao」
をよろしくお願いします。

|

2022年1月12日 (水)

こだわりに、こだわった蜜芋バスクチーズケーキ、絶品です。

   

同僚から頂きました。
Dsc_5393
&オイモトウキョウの「蜜芋バスク
チーズケーキ」です。

Dsc_5395

チーズケーキ+スイートポテトの二層
のスイーツです。
Dsc_5397
原料となる安納芋の収穫、そして熟成
炭火焼の全工程を種子島の農家さんで
行われています。

   

こだわりにこだわったスイーツです。

   

安納芋を収穫後、60日間追熟させ、
甘みと旨味を引き上げています!

   

ご存じの通り、追熟することで、お芋
の中のでんぷんが糖化します。
糖化によって甘みだけでなく、旨味も
増えます。

   

そして、甘く、旨みが増した安納芋を
炭窯で焼きますが、その時に使う
炭にもこだわられています。

   

種子島の樫やマテを、約2週間、炭窯
で焼いて炭を作ります。
手間がかかっています!

   

さらにさらに安納芋を焼くのも
何と2時間15分もかけてジックリ
ジックリを焼きます。

   

男メシが焼き芋を作る(焼く)時、
お芋を濡れた新聞紙で包み、さらに
その上からアルミホイルを包みます。

   

そして、トースターで約1時間!
ジックリと時間をかけて焼いています。
ジックリと焼いているつもだったの
ですが・・・

   

2時間15分もかけて焼くとは。
本当に素晴らしいこだわりです。

  

さて、肝心の味ですが、

Dsc_5400

濃厚で香ばしい味のチーズケーキ、
ケーキの周りにカラメルのような蜜が
染み出て、さらに香ばしさをアップ
させています。
そして、お芋の甘さがこれまた濃厚!

   

そしてそして、全てにおいて、滑らか
です。

  

素晴らしい!としか言いようのない
スイーツです。

   

香川漆器に載せて大変大変美味しく
頂きました。

ありがとうございました。

|

2022年1月11日 (火)

通勤途中の大切な一言。

    

男メシの徒歩通勤の途中にある
お寺さんのお言葉
Dsc_5370
人生のおいて最も大切な時
それはいつでも いま です

   

毎年の事業計画、中期計画等々色々な
計画があり、その計画には目標があり
ます。

   

その目標達成に向けて日々努力を続け
ます。

   

また、
 こうなりたい。
 できるようになりたい。
等々の目標もあります。

   

その達成のためには、今、をどう
過ごすのか?

  

  

継続こそ力なり。
その継続も今の連続であることを
肝に銘じました。

|

2022年1月10日 (月)

親鳥が塩麹と蜂蜜で少し柔らかく、旨味とコクがアップ!

    

塩麹、蜂蜜はお肉を柔らかくしてくれ
ますが、硬い硬い親鳥が柔らかくなる
のか?

    

塩麹の麹菌に含まれる酵素「プロテア
ーゼ」がお肉のタンパク質を分解して
くれます。

   

そして、蜂蜜に含まれるブドウ糖、
果糖がタンパク質が熱を加えることで
お肉が硬くなるのを防いでくれます。

   

ということで、
 塩麹大×2、蜂蜜小×1
にニンニク、黒胡椒で二日漬け込み
ました。

  

さて、結果は?
Dsc_5318
確かに柔らかくはなっているように
思います。。。

   

ただ、若鶏のように柔らかくなった!
という感じではありません。

噛み応えは十分です。

    

やはり親鳥の噛み応えのある筋肉は
若鶏、ひな鶏のようには柔らかくは
なりませんね。。。

   

ただ、塩麹と蜂蜜で旨味、コクが
アップしてとても美味しかったです。

|

2022年1月 9日 (日)

東京もいいですが、徒歩で通勤できる高松もいいですよ~

    

弟からキレイな写真が送られて
きました。
Received_2561641117312604
雪化粧した皇居です。

   

弟のオフィスからの風景です。

   

男メシも、弟も7時半頃に出社します。

  

弟は、満員電車の密を避け、朝6時
過ぎには家を出ます。

   

男メシが家を出るのは、6:40頃、
会社まで歩いて50分。

   

いい運動です。

   

会社の手前で正に日の出の瞬間
Dsc_5373
に出会います。

   

神々しい瞬間です。

   

   

東京もいいですが、徒歩で通勤
できる高松は、本当に暮らしやすい
ですよ。

|

2022年1月 8日 (土)

今年二杯目の年明けうどんです!

   

昨日のブログ、パートナーさまからの
嬉しい年明けうどん写真に刺激され、
男メシも!

   

今年に入って、二杯目の年明けうどん
です。
Dsc_5368
今回の赤色は、明太子です。

   

釜玉にたっぷりの明太子、そして
先日の「三日とろろ」の日に余った
山芋をすりおろして入れました。

   

彩りはいい感じでしょう!

   

盛り付けの基本、信号の三色、
赤・黄・青がシッカリ入っています。

   

味も明太子のピリッ感が卵と山芋に
和らげられ、円やかなピリッ感になり、
大変大変美味しく頂きました。

   

自画自賛ですが、本当に旨かった~

   

さて、次はどんな年明けうどんにしよ
うかな?

|

2022年1月 7日 (金)

パートナーさまから年明けうどん の嬉しい写真が。

    

大変嬉しい写真を頂きました。
Received_440420547798635
年末にパートナーさま皆さまに年明け
うどんをお贈りしました。

   

その年明けうどんをパートナーさまの
会社の皆さんで食べて頂いた時の様子
です。
Received_247543664175881
紅白のうどん麺がお湯な中で泳いで
います。

Received_905966910112014

赤い物を入れるのが年明けうどんです
が、かき揚の中の海老が赤く輝いて
います。

   

うどんのように太く、長く!
皆さんが健康で笑顔で!
そして、商売繁盛で!

   

今年もよろしくお願いいたします。

|

2022年1月 6日 (木)

花びら餅を香川漆器、後藤塗に載せて頂きました。

    

お正月に花びら餅を頂きました。
Dsc_5345
平安時代、宮中で行われていた
「歯固め」の儀式を簡略化したものと
言われています。

   

歯固めの「歯」とは「齢」のことで、
齢を固める→寿命を延ばす→長寿を
祝う。ということだったんですね。

   

また一つ勉強になりました。

   

  

昔、正月三が日に歯固めの儀式で、
鏡餅、大根、猪、押鮎等を食べていた
そうですが、それを簡略化したのが
花びら餅なんですね。

   

中にゴボウが入っていますが、なぜ
ゴボウ?

   

調べてみると、押鮎がゴボウになった
ようです。

   

お節料理にもよく登場するゴボウです
が、土の中にシッカリと根を張るので
基礎がシッカリしている。という意味
が込められているとも言われています。

   

その花びら餅を香川漆器の後藤塗の
お皿に盛って頂きました。

|

2022年1月 5日 (水)

蒸しただけの野菜がこんなにも美味しいなんて・・・

   

蒸しただけの野菜、
Dsc_5346
美味しいですね!!

   

ただ、蒸しただけですが、こんなにも
美味しいとは。

   

蒸すことで野菜の香り、味が濃く、
感じられるような気がします。
当然、身体も温まります。

   

ちょっと蒸し野菜にハマりそうです。

|

2022年1月 4日 (火)

昨日、「三日とろろ」の日、カレーにとろろをかけました。

   

昨日、1/3は、「三日とろろ」の日
でした。

   

正月3日にとろろを食べて健康長寿を
願う!という風習です。

    

整腸作用や滋養強壮効果のある山芋を
食べて、お正月にお酒やお節料理に
お雑煮、年明けうどん等々食べ過ぎ、
飲み過ぎで疲れた胃腸を労わる!
という意味があるようです。

   

ということで男メシは、カレーに
とろろ
Dsc_5358
をかけて頂きました。

     

男メシが子供の頃に見たハウスの
ククレカレーのテレビCM
「お節もいいけどカレーもね」
がすり込まれているのでしょうか!?

   

毎年、三日頃にカレーが食べたくなり
ます。

  

CMソングって大切ですね~

  

という話をこの年末年始のお休みに
久し振りにお会いした方々ともお話
をしました。

  

   

お話しした方々、業界の重鎮の方々
とお話をして改めて思いました。

    

「変革」そして「人財育成」を
皆さんが本気で考えられている。

   

大きな刺激を頂きました。
沢山のヒントも頂きました。

   

男メシはまだまだです。

    

頑張らねば!

|

2022年1月 3日 (月)

季節の大福でケーキを作る!その発想が素晴らしい。

       

年末に頂きました。
Dsc_5256
いちご大福、すもも大福、柿大福等
季節の果物を使った大福で有名な
高松市の 夢菓房たから が大福で
ケーキを作りました。

    

天に向かって、お天道(おてんとう)
さまに向かって飛ぶテントウムシ。
天道虫とも呼ばれ、縁起の良いテント
ウムシも とまっています。
Dsc_5261
お客さまのご希望のデザインを聞き、
季節の大福でケーキを作るようです。

    

生クリームの代わりにたから特製の
白餡、上品な甘さの白餡が使われ、
中にも苺がギッシリと詰まっています。
Dsc_5264
男メシの会社の大切なパートナーさま
のお子さまがケーキが苦手ということ
です。
この大福ケーキなら・・・

   

    

それにしてもケーキを大福で作る、
また、いちご大福を丸ごとボトルに
入れる。
Dsc_5246_20220102120001
そんな発想が本当に素晴らしい。

  

   

たから さんも挑戦を続けられて
いますね。

  

   

見習います!

|

2022年1月 2日 (日)

今年の年明けうどん!海老に伊達巻等々を入れました。

   

今年の年明けうどんは
Dsc_5351
海老に紅白の蒲鉾、そして、伊達巻に
ほうれん草です。

    

伊達巻は巻物に似ています。
巻物→書物→知恵が豊富に!
という説があります。

   

さらに、知識が豊富になる から
「進化、発展」という意味も込められ
ているとも聞いたことがあります。

  

  

男メシの部門では、年明けから新たに
策定したキャリアパスに基づいた人財
育成計画がスタートします。

   

研修もパートナーさまと一緒に受講
します。

   

自社だけでなく、色々な会社の皆さん
と一緒に受講することで、色々な考え
に触れることになります。

  

イノベーションを!とか、変革を!
とか、言われますが、我々、管理者は
求めるだけでなく、それ(イノベー
ション、変革等々)を実現するために
どのような環境を作るべきなのか?
考えなくてはなりません。

  

昨年、開始した10%ルールもそれを
意識したメンバーは確実に変わって
きています。

   

メンバーの成長を見守りながら新たな
方策も考えてまいります。

|

2022年1月 1日 (土)

今年もご縁を頂き、挑戦、挑戦、挑戦で頑張ります!

    

皆さま、明けましておめでとう
ございます。
Dsc_5324    
本年もご指導の程、何卒よろしく
お願い申し上げます。

  

        
男メシは、倉敷の実家で、可愛らしい
寅と新年を迎えました。
Dsc_5333
そして、お雑煮は、男メシの実家風
ですが、器は男メシお気に入り香川
漆器の独楽のお椀です。
Dsc_5338
二年前に買いました。
使い込むうちに色が鮮やかになって
きたと感じます。

  

縁起物の独楽!
「よくまわる」。
滞ることなく、よく回る。
全てが円満に。

  

そして、円→縁で「ご縁があります」
ように。

   

昨年も多くの皆さまとのご縁を頂き
皆さまに色々なことを教えて頂き、
その上、助けて頂きました。

   

「感謝」の言葉しかないです。

   

昨年は、男メシの「ご縁」を男メシの
部署のメンバーが自律的にご縁の輪を
広げてくれていることを感じ、本当に
嬉しく思いました。

   

今年も「ご縁」の輪がさらにさらに
広がります。

   

昨年に頂いた多くのご縁が今年色々な
挑戦としてスタートします。

   

本年もドンドン挑戦してまいります!

   

挑戦!挑戦!挑戦!

   

頑張ります。

|

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »