« 本場高知の藁焼きのたたき!最高でした。 | トップページ | 新庄さんにワクワク!プロ野球界も変革!? »

2021年11月 5日 (金)

四方竹に明太子を和えてみました。

    

昨日の藁焼きたたきに続いて今日も
高知ネタです。

   

四方竹です。
Dsc_4807
香川県ではあまり見かけませんが、
高知ではおなじみの食材です。

Dsc_4808

旬が秋、という珍しい筍です。
採れる時期もわずか一ケ月ちょっと
という貴重な食材です。

   

切り口が四角なので「四方竹」と
呼ばれています。

   

男メシのお気に入りのお店「㐂味」
の八寸の一品で「四方竹+いくら」
(写真の中段右端)
Dsc_4760
に真似て、今回男メシは、四方竹に
明太子を和えてみました。
Dsc_4821
ごらんのようにいい感じでしょう。

   

柔らかく上品な味の四方竹、明太子
の味だけで十分美味しく頂けました。

   

高知の秋を感じました。

|

« 本場高知の藁焼きのたたき!最高でした。 | トップページ | 新庄さんにワクワク!プロ野球界も変革!? »

料理」カテゴリの記事