« 里芋+南瓜一緒にサラダにしました。 | トップページ | 丹下健三設計の香川県庁東館が世界で最も重要な戦後建築25作品に! »

2021年9月26日 (日)

45歳定年制で改めて市場価値の重要性を感じました。

   

サントリーの新浪社長が提案した
「45歳定年制」が話題になって
います。

Dsc_4615    

人生100年時代に45歳定年とは?

   

ですが、人生100年、70歳まで
働くとして45歳は、折り返しの歳
です。

   

「人生二毛作」を目指すなら45歳が
区切りの歳です。

   

45歳までに培った知識や経験、
それに人脈を活かし、起業、転職を
目指す!くらいの覚悟が必要。という
ことです。
   
男メシも同感です。

   

ビジネスマンにとって最も重要な市場
での自分の価値「市場価値」を上げる
ことを常に考えなくてはなりません。

    

今の会社を離れたら行き場所がない。
ということにならないためにどう実力
を付けるのか?

   

常に考えなくてはなりません。

   

会社内政治だけが得意、また、評論家
のような社員にはなってはいけない。

    

我々は、そのような社員を作らない
ように、若い人達が目指すキャリア
パスを明確にし、それ(キャリアパス)
に必要な能力、資格を定義した上で
社員の市場価値が確実に向上すること
を一番に考えなくてはなりません。

   

   

先日、男メシの部門のキャリアパスを
明確にし、メンバーに公表しました。

   

これからこのキャリアパスをブラッシュ
アップしていきます。

   

キャリアパス、大切ですね。

   

45歳定年制を聞いて改めて思い
ました。

|

« 里芋+南瓜一緒にサラダにしました。 | トップページ | 丹下健三設計の香川県庁東館が世界で最も重要な戦後建築25作品に! »