« 調味料は炊く直前に入れること!忘れていました。 | トップページ | ビニールラッピング新聞のビニールの二次利用 »

2021年8月16日 (月)

お客さまの大切なシステムをお預かりする重要性、責任の重さを第一に!

   

大雨のお盆の中、雨が止んだ唯一の日
ご先祖さま、親父さんのお墓参りに
弾丸で行ってきました。
Dsc_4389
近況をご報告してきました。

   

ここ一、二か月、政府が国内への
データセンター整備を推奨し、資金を
支援すると発表して以来、商社、
不動産、倉庫業、ハウスメーカー等
色々な方々からご連絡を頂いています。

   

データセンター事業への参入を多くの
方々が検討されており、事業について
教えて欲しいというご連絡です。

   

以前から問題となっていた日本国外
でのシステム、データの保管、設置が
問題視され、日本国内で保管すべき!

   

と言われるようになったことは非常に
良いこと!です。
そして、それに伴い、多くの方々が
データセンター事業への参入をご検討
されています。

   

日本国内、ICT業界とすると喜ば
しいことと思います。

   

ただ、ご連絡を頂いた方とお話すと

   

データセンター事業は、お客さまの
利用期間が長い、解約率が低いので
利益率が高い。
ビジネスモデルを描き易い。
それに政府が資金を支援してくれる。
今は正に千載一遇のチャンス。
と言われます。

   

データセンター事業の外観は、その
通りだと思います。

   

ただ、データセンター事業の根底に
あるのは、お客さまの大切なシステム
をお預かりする責任の重さ!覚悟です。

   

今やシステムが動かなければお客さま
の会社、事業はストップします。

   

24時間365日、地震、津波、
洪水、液状化等々何があっても
お客さまのシステムを正常に動か
さなくてはなりません。

   

当然、災害を考慮した建物は当然の
ことながら、それ以上に重要なのは、
事業に携わるスタッフの不断の努力。

  

そして何より全員が責任感、覚悟を
もって日々の業務に臨むことが必要
です。

  

これが非常に難しい。

   

ビジネスモデルの検討も必要ですが、
その前にデータセンターの本質、
お客さまの大切なシステムをお預かり
する重要性を一番に考えて頂きたい。

|

« 調味料は炊く直前に入れること!忘れていました。 | トップページ | ビニールラッピング新聞のビニールの二次利用 »