« 岡山県はパプリカ先進県?! | トップページ | 高松市が目指すスーパーシティ構想「FACT」が発表されました! »

2021年1月10日 (日)

香川大学農学部、夢の糖、希少糖!

    

1/6(水)の日経に香川大学農学部
が紹介されていました。
Dsc_3040
香大農学部と言えば、希少糖です。

    

この記事も香大農学部の希少糖の研究
の経緯等をご紹介していました。

   

砂糖と同程度の甘さでありながら、
ゼロカロリーの夢の糖、希少糖です。

   

香川県では希少糖を含むシロップ、
レアシュガースウィートは広く認知
されてきましたが、全国ではまだまだ
これからです。

   

全国の皆さんに本当に知って頂きたい!
です。
甘いけど、カロリーゼロの希少糖!
本当に夢の糖なんです。

   

男メシがこの記事内でグッときたのが
香大の筧学長のお言葉です。
「地方の持続可能性を維持するため
 には地域の富と夢が必要」

Dsc_3041

地域の中でお金が回り、増える。
そんなエコシステムが構築する。

   

書くと簡単ですが、これは本当に
難しい!

   

男メシの会社が高松市に建設した
西日本最大級のデータセンター
「パワリコ」もそのエコシステムの
構築が夢です。

  

地方のデータセンターと言えば香川県
高松市!と言われるようになり、
パワリコを中心に高松市の、香川県の
四国のデジタル産業が活性化する!

   

それを目指しています。
ただ、本当に本当に難しい。

   

挫けそうになります。
色々な施策を実行しても事が上手く
運ぶのは極僅かです。

  

施策の課題を明確にし、再度施策を
検討し、実施する。
その繰り返しです。

  

挫けそうになる気持ちを鼓舞するには
夢が無くてはなりません。

  

筧学長の言葉、正にその通り。

  

地方の持続可能性を維持するため
には地域の富と夢が必要!

   

男メシも近々、四国に創生、活性化に
向けた施策を発表します。

   

今年最初の施策です。
やりたいことがまだまだ!です。

|

« 岡山県はパプリカ先進県?! | トップページ | 高松市が目指すスーパーシティ構想「FACT」が発表されました! »