« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

お客さま、パートナーさま、先輩、同僚、皆さまに生かされた一年、ありがとうございました。

   

年末最後の会食は大切なパートナー
さまとでした。

  

備前焼に盛られた
Dsc_0737
美味しい料理
Dsc_0742
に備前焼の徳利!
Dsc_0741
備前焼好きの男メシにとっては幸せな
ひと時でした。

   

お店は高松市の雨ノチ晴レル家!

  

大将が男メシ同じ備前焼好きという
ことで、備前焼祭りにも行かれている
ようです。

  

さて、今年もお客さま、パートナーさま
そして、社内の先輩、同僚の皆さんに
助けて頂き、一年、過ごすことができ
ました。

  

歳を重ねるごとに皆さまに助けられ、
生かされていることを感じます。

  

若い時には分からなかったことが
分かるようになってきました。

  

皆さまへの感謝、そして、これから
どう恩返しをするか・・・
よく考えるようになりました。

  

来年から恩返しを少しずつ始めます。

  

皆さま、今年一年本当にありがとう
ございました。
来年も引き続き御指導、ご支援を
よろしくお願いいたします。

  

皆さまよいお年をお迎えください。

|

2019年12月30日 (月)

流石、名店!夢菓房 たから

   

一昨日の夢菓房たからです。
Dsc_0753
待ち人数67人・・・

  

流石、高松一の和菓子の名店です。

  

テレビCM等のPR活動をせずとも
これだけのお客さまが待ってでも
買いに来られる!

  

商品の質の高さの表われですね。

  

男メシも仕事納めの日に部署の
皆さんに
Dsc_0752
たからの逸品、いちご大福を
プレゼント!

  

皆さん、喜んで頂きました。

|

2019年12月29日 (日)

親のスネをかじる

    

骨付き鶏を食べました。

  

塩麹に漬けて頂きました。
若鶏は一晩、親鳥は二晩漬けました。

  

塩麹効果で塩味に加え、甘み?コク?

もあるように感じました。

旨かったです!

      

男メシは、プリプリの若鶏
Dsc_0721
もいいですが、噛み応えのある親鶏
Dsc_0723
も大好きです。

   

でも、こう比べると、親鶏の足って
細いですね~

   

人間と同じように子供にスネをかじ
られたのでしょうか?

   

ちなみに、スネというのは、昔、
「労働」という意味でも使われていた
ようです。

  

ということで、「親の労働に頼って
いる」ことを「親のスネをかじる」
と表現したということのようです。

   

また一つ勉強になりました。

|

2019年12月28日 (土)

四国食景 最初は香川県のあん餅雑煮

   

来年の男メシの会社のカレンダーです。
Dsc_0725
四国食景!

  

毎月、四国の色々な料理をご紹介
しています。

      

来年一月、最初は、香川県が誇る
あんもち雑煮です。

Dsc_0727   

珍しいお雑煮として毎年毎年テレビで
ご紹介されます。

  

白みそ仕立ての出汁にあん餅を入れ
ます。

   

初めて聞く人は「え~~」
と思われるかもしれませんが、実際に
食べてみるとこれが癖になる旨さなん
です。
甘しょっぱい味が癖になるんです。
お正月に食べないと落ち着かないと
いうか・・・

  

それにしても男メシにブログネタを
提供してくれるカレンダー!

  

いいですね~

   

ありがたいです。

|

2019年12月27日 (金)

12月、師走、果ての月、春待月・・・

 

仕事納めです。
早いですね~
もう一年が終わってしまいそうです。

  

12月のことを師走とも言いますが、
その他にも色々な呼び方があることを
知りました。
Dsc_0662
先日、ある会食で日本酒のメニュー
に「果ての月」と書かれていました。

  

中には、今月、12月のおススメの
日本酒がずらりと並んでいました。

  

調べてみると、12月のことを
「果ての月」とも呼ぶのですね。

  

その他に除月、極月、春待月とも。

  

日本独特の文化でしょうね。
いいですね~

  

50歳を超え、最近、このような
ことに興味を持つようになりました。

|

2019年12月26日 (木)

信じ、任せてくれました。

 

先日、男メシの会社の元社長にお会い
しました。
Dsc_0694
男メシの会社が今、最も注力している
事業の開始を決定してくれた元社長です。
  

大恩人です。

  

通常、事業を開始する際、スモール
スタートし、市場等の様子をうかがい
ます。
そして、初期の成功が見えた段階で
事業を拡大を決定します。

  

当然の考えです。
検討段階で想定していた通り市場が
お客さまが受け入れてくれるはずが
ありません。

   

ただ、今回の事業は最初から拡大形
最終形で提案、お願いしました。

  

元社長は、それを否定することなく、
信じ、任せてくれました。

Dsc_0690   

そして、事業開始後、雲行きが怪しく
なった時、男メシが不安で不安で仕方
ない時、この笑顔で励ましてくれ
ました。

   

何度も何度も救われました。

本当にありがとうございました。
   

   
正に理想の上司、経営者です。

   

   

男メシも目指します。

|

2019年12月25日 (水)

ヱビス マイスター ザ・ロイヤルリーフ2019

   

え!?
一本6200円のヱビスビール?
750mlが・・・
Dsc_0682
調べてみると、ヱビス マイスター
ザ・ロイヤルリーフ!

   

ドイツ産のハラタウトラディション種
のホップを熱処理等の加工処理を
しない新鮮なロイヤルリーフホップ
を100%使用しているようです。

  

ヱビスの最高峰として開発されたのが
この
 ヱビス マイスター ザ・ロイヤル
 リーフ
で、今年の2019年版です。

Dsc_0684

このお店では30本しか買えなかった
ようです。
既に販売終了しています。

  

そして、このお店の残りも4本・・・

  

とても貴重なビールです。
  
思い切って頼みました。

  

こんな感じです。
Dsc_0685
ワイグラスにゆっくりゆっくり
注がれます。

  

苦味のあるいい香りです。

  

5人で6200円、一杯は1240円
です。
いつものビールのようにゴックンと
飲むわけにはいきません。
ゆっくり味わって・・・

  

久々の男メシの勝手感想です。

  

苦味:◎、コク:△、キレ:〇
それに、今回は、香り:◎です。

  

とてもレベルの高いビールというのは
分かりますが、ただ男メシの舌は一杯
1240円の味が・・・

  

ありがたく、ゆっくり最高峰のビール
を頂きました。

|

2019年12月24日 (火)

庵治石が生み出す優しいブルー

   

先週末、庵治石ガラスでイベントが
ありました。

  

工房がライトアップしていました。
Dsc_0703
幻想的でした。
Dsc_0708

  

そして、新作!
ワイングラスが出来上がっていました!
Dsc_0707
当然、購入です。
Dsc_0713
いい感じです。

  

この優しいブルーが庵治石が生み出す
自然の色です。

  

男メシの庵治石ガラスのコレクション
にまた一つ加わりました。

Dsc_0717

本当に優しいブルーです。
癒されます。

 

|

2019年12月23日 (月)

冬至、お母さん社員さんに感謝です

  

昨日は冬至でした。

  

スーパーにも南瓜に柚子
Dsc_0715
のコーナーがありました。

  

そして、南瓜の煮物も頂きました。
Dsc_0657
風邪予防に栄養豊富な南瓜を食べて
そして、金運も!

  

冬には緑黄色野菜が少なくなるので、
しっかり栄養を摂りましょう!
ということです。

  

日照時間が最も短くなる冬至、今日
から少しずつ日照時間が長くなります。

  

昔、男メシのお袋さんが言っていました。

  

「早く冬至が過ぎて欲しい」と。

  

男メシの実家は、お茶問屋でした。
両親共に働いていました。
夕方から暗くなる冬、お袋さんは
男メシ兄弟が心配だったのでしょう。

   

今、男メシの会社にも多くのお母さんが
働いています。
子供のことを心配しながら働いてくれて
います。

   

本当にありがとうございます。
感謝の気持ちで一杯です。

|

2019年12月22日 (日)

バームクーヘンの双璧、治一郎にクラブハリエ

   

バームクーヘンの名店、クラブハリエ
のバームクーヘンン
Dsc_0698
を頂きました。
Dsc_0701
男メシの中では治一郎とクラブハリエ
がバームクーヘンの双璧です。

  

フワフワ度は治一郎、コクのある甘さ
はクラブハリエ!

  

どちらも素晴らしいバームクーヘン
です。

  

今回もクラブハリエ、本当に上品で
コクのある甘さ、旨さです。

  

とても美味しく頂きました。

|

2019年12月21日 (土)

祖父の字

   
先日、倉敷の本家に行きました。
  
昔、お茶問屋であった本家には今も
祖父がお茶をブレンドしていた作業場
が残っています。
  
男メシが子供の頃、祖父が座ってお茶
をブレンドしていた姿を今でも覚えて
います。
  
そこには、今でも祖父が書いたと思わ
れる

Dsc_0654

日付と数値が残っています。

   

お茶問屋を立上げた祖父、それを拡大
した父に男メシは誇れる仕事ができて
いるのか?

   

不安に駆られつつ、まだまだ頑張りが
足らない自分自身に活を入れました。

|

2019年12月20日 (金)

熟成刺身に黒龍!最高~

   

熟成の刺身を頂きました。
Dsc_0666
モチモチした食感です。
日本酒に合います!

  

この熟成のお刺身に合うお酒は?

  

お店の方おススメの黒龍の八十八号
Dsc_0671
でした。

  

キリッとした辛口です。
香りもフルーティ!

  

同席した同僚もこの通り!
Dsc_0670
大変美味しく頂きました。

  

熟成刺身の作り方をは、以前、男メシ
一押しの高松市の七味の大将に教えて
もらいましたので、この週末に挑戦
します!

|

2019年12月19日 (木)

梅酒、露茜を庵治石ガラスに入れて

   
同僚から頂きました。

Dsc_0652

梅酒です、

  

綺麗な色です。

      

露茜という品種の梅を使った梅酒
です。
この梅酒の原材料は焼酎、梅と砂糖
だけです。
Dsc_0660
この茜色はシソ等の色ではなく、露茜
という梅の色なんです。

  

調べてみると、梅とニホンスモモとの
交雑ができた品種で、実も大きく、
そして果肉が綺麗な茜色?赤色?
なので梅酒にすると写真のように
Dsc_0653
鮮やかな茜色になるようです。

  

徳島県吉野川市美郷町のフジさん
で作られています。

  

早速、炭酸で割って頂きました。
Dsc_0659
お気に入りの庵治石ガラスに入れて
頂きました。
どうですか?綺麗でしょう~

  

さて、肝心の味です!

  

優しい味です。
梅本来の味とでもいうのでしょうか。
雑味が無く、適度の酸味!
す~と喉を通っていきます。

  

アルコール度数も6%ということ
ですので、アルコールに弱い方でも
炭酸で割ると安心して飲めます。

  

良い物を頂きました!

  

ありがとうございました。

|

2019年12月18日 (水)

ナマコを58度で

   

先日、煮たナマコを頂きました。
Dsc_0620
お店の方曰く「58度で煮た」という
ことでした。

  

58度!です。
低温ですね。

  

写真の右奥の器に入ったのが
58度ナマコです。

  

これがものすごく柔らかい!

  

もとは、乾燥ナマコなのか?
生のナマコを煮たのか?

  

聞くのを忘れました。

   

乾燥ナマコなら理解できますが、
生のナマコを58度で煮るとどう
なのか?
調べてみました。

  

生のナマコを加熱しても柔らかく
美味しくなるようです。

   

ちょっと試してみます!

  

結果はまたご報告しますね。

|

2019年12月17日 (火)

うどん県の夕焼け!綺麗ですよ

   

車を運転中にあまりにも綺麗なので
思わず車を停めて一枚!
Dsc_0585
夕焼けが綺麗なのは秋から冬にかけて
と言われています。

   

空気が澄んで、適度に湿度があり、
朝晩の寒暖差のある秋が最も綺麗と
言われています。

   

が、なぜか「夕焼け」は夏の季語なん
です!

   

それにしても、どうですか!
うどん県ではこんな綺麗な夕焼けが
見えますよ~

|

2019年12月16日 (月)

鍋の大根おろしには鬼おろし!

   

鍋の季節ですね~

  

これからの時期に活躍するのがこれ!

Dsc_0570

鬼おろし です。

  

大根等をおろす時、粗みじん程度に
おろせます。

   

いつもの大根おろしより、大根の食感が
楽しめるだけでなく、大根の味も感じる
ことができます。

   

鬼おろし、おススメです!
特に鍋にお供の大根おろしには!

|

2019年12月15日 (日)

お客さまと協創していこうとする LINKSPARK

  

先日、NTT西日本さまの
LINKSPARK(リンクスパーク)
に行ってきました。
Dsc_0614
ショールームと思っていたのですが
一般的なショールームではありま
せんでした。

  

色々なところにお客さまを楽しませ、
そして気付きを促す仕組みが!

Dsc_0616

NTTの冠がついた会社は、世間
一般的には「かたい会社」という
イメージですが、このLINKSPA
RKにはそのようなことは全く感じら
れませんでした。

   

物を、サービスを売ろう、売ろうと
するのではなく、お客さまと協創して
いこうとする姿勢が感じられました。

   

男メシの会社も見習わないと!

   

本当にいいものを見せて頂きました。
ありがとうございました。

|

2019年12月14日 (土)

甘長とうがらし をちょっとお洒落に

  

スーパーに甘長とうがらしがあった
ので買ってきました。

  

甘長とうがらしの約4割は、高知で
作られています。
Dsc_0596
ということで、高松のスーパーでも
よく見かけます。

  

いつもは焼いて鰹節をかけて食べるの
ですが、いつも同じでは芸が無いな~
ということで、今回は、ちょっと
お洒落にこんな感じにしてみました。
Dsc_0597
とろけるチーズを載せ、その上に
小豆島産の食べるオリーブオイルを
かけました!

  

見た目、イケているでしょう!

  

円やかなとろけるチーズ+ちょっと
ピリカラの食べるオリーブオイルが
甘長とうがらしのシャリシャリ食感
を引き立てていました。

  

お酒が進みます!

 

|

2019年12月13日 (金)

餃子の耳?が硬くなってしまう・・・

   

餃子が食べたくなって作りました。
Dsc_0611
見た目はこの通り、美味しそうなの
ですが、食べると、どうも皮を合わせ
た部分(耳?)が硬くなってしまいます。

   

仕上げで入れるお湯を少し多めに
して、その上、蓋をして蒸す。

     

とか色々と試しているのですが、
今回もやはり固くなってしまい
ました。

   

どなたか教えて下さい~

 

|

2019年12月12日 (木)

コストも考えると最強の野菜はチンゲン菜!

   

最も栄養密度の高い野菜はクレソン
と言われています。

  

アメリカ疾病予防管理センターの
機関誌「Preventing Chronic
Disease(慢性疾患を予防する)」が
2014年6月5日号で健康に重要と
される17の栄養素の含有量をもとに
食材が点数化かれました。

  

1位はクレソンで100点、次いで
チンゲン菜、白菜が91.99点。
栄養価が高い言われていたほうれん草は
86.43点でした。

  

ただ、男メシは思います。

  

クレソンは高い!

  

先日、スーパーでチンゲン菜を買い
ました。
Dsc_0594
これで98円!

  

同じ量のクレソンを買おうとすると
東京なら1000円、香川県の産直市
でも500円くらいかな・・・

  

そう考えると、コストパフォーマンスも
含めて最強の野菜は、チンゲン菜と白菜
だと思います!

Dsc_0595   

ちなみにこの日、チンゲン菜とツナの
和え物を作りました。

|

2019年12月11日 (水)

厚焼きホットケーキが・・・

  

ふっくらとした厚焼きホットケーキ
の写真を見て、挑戦しました。

  

先ずは、アルミホイルで型を作り、
そこにホットケーキの素を流し込み
ました。
Dsc_0588
厚焼きなので弱火でじっくり焼き
ました。

  

すると、みるみるうちに膨らんで
きました。
Dsc_0591
厚さ、約5cm・・・
Dsc_0592
見た目、ホットケーキではありません。

Dsc_0593

パンケーキ?スポンジ?

   

横から見ると明らかにパサパサ感が
あります。
食感も当然、見た目通り、パサパサ
でした。

  

ちょっと厚くし過ぎました。
もう少し薄いほうが・・・

   

次回こそは!

|

2019年12月10日 (火)

試運転中のN700Sを見ました

  

先日、品川駅で
Dsc_0561
新幹線の新型車両N700Sに遭遇
しました。

試運転中です。   

   

Sは「最高の」を意味する
「Supreme」です。

  

外観は今のN700系とほぼ同じ
ようですが、内装等色々と居心地が
更に改善されているようです。

  

デビューは来年です。

  

楽しみです。

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

旬が2回ある鱧を美味しく頂きました

  

先日、鱧を頂きました。
Dsc_0538
鱧の旬は、夏です。

  

冬の鱧はどうなの?

   

と思っていましたが、調べてみると
鱧には旬が2回あるようです。
初夏と晩秋の2回です。

   

鱧が産卵をするのは真夏の8月です。
その前の初夏には産卵に向け栄養を
蓄えますので当然、美味しいです。

  

そして、産卵後、栄養を補給し、晩秋
には更に美味しい時期を迎えます。

   

2回目の旬です。

また一つ勉強になりました!

  

一緒に行った同僚も
Dsc_0548
ぬる癇と一緒に美味しく頂いていました。

   

本当に美味しかった~

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

流石、名店!銀座 六雁さん

   

先日、お客さまに銀座の名店、六雁
さんに連れて行って頂きました。
Dsc_0550
名店に相応しい美味しい料理。
Dsc_0549
薄味で上品な味付け、そして、
美味しく見せる信号の三色を意識した
盛り付け!

  

「素晴らしい」の一言でした。

  

が、それ以上に素晴らしかったのは、
オープンキッチンの中の様子です。
Dsc_0556
隅々まで掃除が行き届き、包丁等の
道具も綺麗に磨かれています。

  

料理スタッフの皆さんの動きも無駄が
ありません。

  

鍛えられています。

  

前に聞いたことがあります。

  

オープンキッチンスタイルのお店は
料理スタッフを鍛えるのに苦労する。

  

料理をしている様子がお客さまから
丸見えです。
指導するにも言葉を選ばなくてはなり
ません。
お客さまを不安にしたり、不快な思いを
させないようにしなくてはなりません。

   

にも関わらず、六雁の皆さんは、素晴ら
しかったです。

   

流石、名店です。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

鰻といえばまぶし丼!

   

ふるさと納税の鰻が届きました。
Dsc_0522
作るのは、当然、まぶし丼です。
Dsc_0535
ご飯の上に鰻、そして白ネギ、味付け
海苔を載せ、かけるのは山葵を溶か
した鰻のタレ!

   

白ネギのシャリシャリ食感に山葵の
ツンが鰻の味を引き立てます。

  

旨過ぎ!です。

   

鰻といえば、まぶし丼!
おススメです。

|

2019年12月 6日 (金)

梅干し?

   

12/3、男メシの誕生日のプレゼント
にと頂きました。
Dsc_0529
梅干し!

  

ではありません。

  

開けてビックリ、
Dsc_0530
砂糖がまぶされています。

  

梅干しを模ったお菓子でした。
Dsc_0533
大阪、菊寿堂さんの和菓子です。

  

中には白餡、それを包む梅色?の
羊羹、そして、その周りにはザラメ
砂糖。

  

男メシが気に入ったのは、白餡を
包んだモチモチ食感の羊羹と紫蘇を
使った梅干しのヘタ?です。

  

柔らかで甘い白餡をモチモチの羊羹、
と紫蘇の味が引き立てています。

  

素晴らしい味と食感のバランスです。

  

調べてみると、作るのに何と四日も
かかるようです。
手間がかかっています。

  

その分、本当に美味しい梅干し和菓子
です。

  

男メシのブログネタのことも考えて
頂いたのでしょう。

  

本当にありがとうございました。
とても美味しかったです。

|

2019年12月 5日 (木)

土鍋の蓋の切り込みは

   

お鍋の季節になりましたね~

   

随分以前に土鍋の蓋の切り込みは、

Sdscf5091   

  この切り込みのお陰で熱が逃げて
  鍋のふたの温度が下がり、持ち易く
  なるんだそうです
  この切り込みが無いと鍋のふたの
  熱が回り、温度が下がりません
  この切り込み部分から熱が逃げて
  温度が下がる という具合になって
  いるんです。

  

とお店の方から教えて貰ったことを

書きましたが、
このブログの読者さまから、

   

  「きりかき」は梱包用ロープを
  掛けるため
  今は無用だけど名残であのように
  なっている

   

ということを教えて頂きました。

   

また、別の方からは

   

  窯で焼く時に割れないようにする
  ため

  

とも教えて頂きました。

  

もう少し調べてみますね。

  

皆さま、情報ありがとうございます。

|

2019年12月 4日 (水)

はまち、豚に牛、オリーブの葉が足らない~

   

昨日に続いてオリーブネタです。

  

先日、オリーブはまち を頂きました。
Dsc_0492
オリーブの葉の粉末を交ぜた餌を
決まった回数、与えたはまちです。

  

オリーブの葉に含まれるポリフェノー
ルのお蔭で変色や酸化しにくい肉質に
なり、あっさりした味になります。

  

ギラギラした脂っこいはまちが苦手な
方でもオリーブはまちなら大丈夫!と
言われる方もいます。

  

素晴らしい、オリーブパワーです。

  

そんなオリーブパワーは、はまちの他
にも
オリーブ豚、オリーブ牛というように
色々と広がっています。

  

が、その影響で最近、オリーブの葉が
足らなくなってきているようです。。

 

何だか複雑な気持ち・・・

  

何でも適量が必要なんですね。

 

|

2019年12月 3日 (火)

三方よしの更に先を

   

売り手によし、買い手によし、
世間によし

  

男メシの目指すビジネスです。

  

更にその一歩先を目指している会社
Dsc_0519
売り手よし、買い手よし。で、
未来よし。

Dsc_0520   

素晴らしいです。

  

伊藤忠商事さん。

  

その前に、三方よし!をしっかり
目指してまいります。

  

あっ!今日、男メシの54回目の誕生日
です~

  

今年も健康で誕生日が迎えられたことに
感謝です。
皆さまのお蔭です。

  

そして、健康に産んでくれた両親に感謝
です。

  

来年の誕生日もまた健康に迎えられます
ように!

|

2019年12月 2日 (月)

しっかり交ぜて頂きました、小豆島オリーブサイダー

   

お客さまとの打ち合わせで飲み物を
頼もうとしたらメニューに
「小豆島オリーブサイダー」と
あるじゃないですか。

  

当然頼みました。

  

そして、運ばれてきたグラスの横に
なんとオリーブオイルが付いています。
Dsc_0511
最初からオリーブオイルが混ざった
サイダーかと思いましたが・・・
後でオリーブオイルをかけるとは・・

  

かけると、当然、こんな感じで
オリーブオイルが表面に浮きます。
Dsc_0512
シッカリ交ぜないといけません。

  

肝心の味ですが、炭酸の効果で
オリーブオイルの味はあまり感じ
られませんでしたが、何だか円やかな
サイダーに思えました。

  

小豆島のオリーブ、あらゆる所で活躍
していますね~

|

2019年12月 1日 (日)

人参、芋とくればみかん!坂出三金時

  

昨日のブログ、筑前煮に入れた金時
人参に先日ご紹介した金時いも!
とくれば次は当然これ!
Dsc_0508
金時みかんです。

皮が普通のみかんより赤のが特徴です。
写真左が普通のみかん、右が金時みかん
です。
その赤さがよく分かると思います。

   

とても甘いです。

  

そして、この三つの金時を香川県では
坂出三金時と呼んでいます。

  

瀬戸内の温暖な気候、太陽、風、
そしてミネラルが豊富な土壌!

  

正に自然の恵みです。

   

香川県が誇る三金時を有難く頂きます。

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »