« スーパーカップ スイーツシリーズ | トップページ | 無茶苦茶キレイになりました »

2019年8月 1日 (木)

データを使って幸せに、豊かになる高松市

   

昨日(7/31)の四国新聞、朝刊です。
Dsc_0071_20190801085001
大西高松市長との対談に出演させて
頂きました。

Dsc_0070_20190801085001    

今、男メシは、高松市が推進している
「スマートシティたかまつ」の推進
協議会の運営委員をしています。

   

そのスマートシティのことでお話を
させて頂きました。

     

「データは21世紀の石油」と言われ、
GAFAに代表される事業者は、その
データを集め、使い、大きく成長して
います。

  

そのような状況下で今後は、データを
集め、見える化するプラットフォーム
(PF)が必要になってきます。
   
高松市ではそのPFを設置し、市民も
活用できるようにしようとしています。

Dsc_0072_20190801085001

色々なデータが高松市が設置したPF
に集まり、見える化し、使えるように
なります。

  

PF上にあるデータと我々が持っている
データとを組み合わせることによって
分かってくることもあります。

  

データを使って生活が便利になるだけで
なく、新しいビジネスが生まれるかも
しれません。

  

PFの役割は、非常に重要であり、
今後益々重要度は上がってきます。

  

スマートシティで先頭を走る高松市が
データで生活が便利になり、幸せに、
豊かになる。

  

素晴らしいでしょう!
高松市の取組!

  

ご期待下さい。

|

« スーパーカップ スイーツシリーズ | トップページ | 無茶苦茶キレイになりました »