« 若い大将に尊敬!高松の七味 | トップページ | 善通寺 熊岡の堅パン »

2019年1月22日 (火)

昭和二十年の新聞に包まれたお茶碗

 
男メシの実家はお茶問屋でした。
 
 
祖父が立上げ、伯父、父が事業を拡大
 
しました。
 
 
 
先日、その本家の片付けを手伝い
 
ました。
 
 
 
釜やお茶碗等が色々な物が出て
 
きました。
 
Img_20190120_174402
 
その一部を頂きました。
 
 
 
お茶碗を包んでいた新聞の日付を
 
見ると
 
Img_20190120_174413
 
昭和二十年十二月十五日です。
 
終戦の年です。
 
 
 
多分、祖父が買った物なんでしょう。
 
 
 
最近ではあまり見ることのない男茶碗
 
です。
 
 
 
祖父の形見として大切にします。

|

« 若い大将に尊敬!高松の七味 | トップページ | 善通寺 熊岡の堅パン »

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 若い大将に尊敬!高松の七味 | トップページ | 善通寺 熊岡の堅パン »