« 新居浜の太鼓台が東京丸の内に | トップページ | また来たいと思えるお店 高松市の七味さん  »

2018年2月 3日 (土)

芋焼酎のお湯割りは41~2度

 
先日、日経にこんな広告が載って
 
いました。
 
Img_4126
 
さつま白波の広告です。
 
 
 
広告の中に「お湯割りの基本」が
 
載っていました。
 
Img_4127
 
お湯割りを作るときは、先ずグラスに
 
お湯から注ぎ、その後で焼酎を注ぐ。
 
 
 
そうするとお湯と焼酎の温度差で
 
グラス中に自然と対流ができ、混ざり
 
ます。
 
 
 
このことは男メシも知っていたの
 
ですが、芋焼酎の適温が41~2度と
 
いうことは知りませんでした。
 
 
 
男メシは熱めが好きなんですが、広告
 
には、熱すぎると刺激や辛味を感じる
 
と書かれています。
 
 
 
これから41~2度!
 
熱いじゃなく、温かい芋焼酎を
 
楽しみます。

|

« 新居浜の太鼓台が東京丸の内に | トップページ | また来たいと思えるお店 高松市の七味さん  »

飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新居浜の太鼓台が東京丸の内に | トップページ | また来たいと思えるお店 高松市の七味さん  »