« 今川焼?大判焼き?男メシは「ふうまん」 | トップページ | 人参は茎の付け根が小さい方がいい »

2018年1月 9日 (火)

追熟期間3か月の水晶文旦

 
追熟させていた水晶文旦を先日頂き
 
ました。
 
 
 
追熟期間3か月です。
 
Img_4039
 
表面がシワシワに・・・
 
 
 
いつもなら1cm以上ある分厚い皮も
 
この通り薄くなっています。
 
Img_4040
 
甘みが増しているよね~
 
と期待が膨らみます。。。
 
 
 
 
さてさて感想です。
 
Img_4041
 
水晶文旦の特徴、果肉のキラキラ感は
 
無いように感じます。
 
 
 
肝心の味は?
 
 
 
甘い!
 
甘みが凝縮されています。
 
若い水晶文旦にあるほろ苦さは全く
 
ありません。
 
 
 
そして柔らかい。
 
 
 
ただ、少し追熟させ過ぎたので
 
しょうか?
 
一部の果肉が白く固くなっています。
 
 
 
 
もう一か月早く食べた方がよかった
 
かな・・・
 
 
 
来年は12月の初めに頂きます!

|

« 今川焼?大判焼き?男メシは「ふうまん」 | トップページ | 人参は茎の付け根が小さい方がいい »

果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今川焼?大判焼き?男メシは「ふうまん」 | トップページ | 人参は茎の付け根が小さい方がいい »