« 先生の最終講話がくれた新たな出会いです。 | トップページ | お店の名前「宇和島」とくれば当然鯛めしです。 »

2013年3月20日 (水)

この宇和島さんですが、味だけじゃなく演出?も抜群でした。

先日、東京でお世話になっているお取引さまと会食をしました
この会社さまとは定期的に情報交換を兼ねて会食をしています。
今回も貴重な情報をたくさん教えて頂きました
ありがたいことです。感謝感謝です。

さて、今回の会食のお店ですが、新橋の「宇和島」さんです。
愛媛県の宇和島ご出身の大将だそうです。

Sdsc_0035

男メシの同僚オススメのお店です
お昼は行列のできるお店です。お取引さもご存知でした。

さてこの宇和島さんですが、味だけじゃなく演出?も抜群でした

先ず最初に出てきた料理にビックリです。

「イサザ」の踊り食いです。

Sdsc_0004

「お~」という歓声?の後はスマホでみんなで撮影会です。
掴みはです。

そして、このイサザを甘酢に入れて食べます。

Sdsc_0005

最初の一口は噛まずに喉越しを楽しみます。
次の一口は少し噛んで歯ごたえ?を楽しみます。

ちなみにこのイサザですが、シロウオとも呼ばれています。

以前、このブログでも「シロウオ」と「シラウオ」について
書きましたが、春の風物詩「シロウオ漁」が香川県では東かがわ市
湊川で見ることができま~す。

http://tabi-gucchi.cocolog-pikara.com/blog/2011/03/post-e6f1.html

|

« 先生の最終講話がくれた新たな出会いです。 | トップページ | お店の名前「宇和島」とくれば当然鯛めしです。 »

お店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先生の最終講話がくれた新たな出会いです。 | トップページ | お店の名前「宇和島」とくれば当然鯛めしです。 »