« 冷やし茶漬けの効能 | トップページ | 高知の夜の締めくくりは「屋台餃子」 »

2011年7月19日 (火)

高知の焼酎!ダバダ火振

高知には旨いものが沢山あります
塩たたき、うなぎ、フルーツトマト、ちょっと変わったところで
「うつぼ」といったように食の宝庫です。

その高知で先日お取引さまとの会食がありました。
お店は「和家(かずや)」さん。

Scimg0914

新鮮なお刺身を皮切りに次々と料理が運ばれてきます。
どれもこれも本当に旨いものばかりです。

そんなお店に「ダバダ火振」がありました。栗焼酎「ダバダ火振」。
あまり手に入りません。特に一升瓶は

Scimg0910

高知県の四万十川上流の特産品「栗」をふんだんに使っています。
栗独特のやわらかな甘みと香りが特徴です。
男メシとしては、四国一の焼酎と思っています

その「ダバダ火振」という名前ですが、地方の所々に残っている
交流の場「駄場(ダバ)」と四万十川で昔から行われている「火振り漁」
からきています。

Scimg0912

最近、ある決意をし、思い切って髪を短く切った高知の同僚もいい感じに
酔っていたので、みんなで二次会に~~~

二次会の様子は明日にでも・・・

|

« 冷やし茶漬けの効能 | トップページ | 高知の夜の締めくくりは「屋台餃子」 »

飲み物」カテゴリの記事

コメント

タバダ…

これはロックがサイコーに美味しいですね…

確かダバダが美味しいって教えてくれたのは男メシさんでしたよね〜


でも男メシさんも二次会行かれることあるんですね(^-^;…

投稿: マドモアゼル久美子 | 2011年7月19日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷やし茶漬けの効能 | トップページ | 高知の夜の締めくくりは「屋台餃子」 »