« なぜ餅米を使わなかったのか? | トップページ | 岡山のお豆腐屋さんが考えたピーナッツ豆腐 »

2011年7月 4日 (月)

釜玉「山越」の隠れた名品

松山のお取引さまの転勤が決まり、わざわざ高松までご挨拶に来て
いただけることに
ありがたいことです。

折角なのでお昼にうどんでも食べませんか?とお誘いすると、
四国に赴任されて2年ですが、讃岐うどんは数える程しか食べられて
いないとかで、是非行きたい

ということで、お取引さまご希望の山越へ。

Scimg0790

皆さん誤解されないように。
これは、お取引さまとのランチミーティングです。
お取引さまが転勤された後も良好な関係を維持するための大切な
うどんミーティングです

さて、山越といえば釜玉です。
お取引さまと同僚は釜玉を頼みました。

Scimg0795

ですが、男メシは山越の隠れた名品「かけ」
山越の「かけ」は絶品です。

Scimg0794

柔らかい味のダシにコシのあるうどん。これで何と150円です。
四国外の皆さん信じられないでしょう
これが讃岐うどんです。

|

« なぜ餅米を使わなかったのか? | トップページ | 岡山のお豆腐屋さんが考えたピーナッツ豆腐 »

おすすめ情報」カテゴリの記事

コメント

四国人以外の私もびっくりΣ(゚ロ゚ノ)ノです(笑)

わたしも実は数えるくらいしかうどんやさん行ってません。

今度わたしも連れてってください

投稿: マドモアゼル久美子 | 2011年7月 4日 (月) 09時31分

やっぱりうどんはかけですよ。
私は初めて行くうどん屋さんでは必ずかけを頼みます。
その味で次に行くかどうかを決めます。
値段の安いかけを手抜きする店は他のもん食べてもたいしたことないというのが私の持論です。

投稿: 艦長 | 2011年7月 4日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜ餅米を使わなかったのか? | トップページ | 岡山のお豆腐屋さんが考えたピーナッツ豆腐 »