« 卵を「よく溶かない」 | トップページ | 5/8はゴーヤの日でした »

2011年5月 9日 (月)

卵は二度に分けて入れる

親子丼を美味しく作るポイント「卵」編の最終回です

お店ででてくるような卵が半熟でフワッとした親子丼にするためには
溶いた卵を二度に分けて入れます。
これがポイントです。

まず、卵を親子丼用の鍋に1回入れた後、鍋を小刻みに動かします。
「鍋を動かす」これもポイントです。

Scimg0036

こうすることで、卵が鍋の底に張り付かず、丼にキレイに移すことが
できます。
そして、残りの卵を入れ、卵が半熟状態になったら出来上がりです。

Scimg0062

どうです美味しそうでしょう。

カメラマンの松本さんも「旨い!お店の親子丼みたい」と絶賛でした。

Scimg0065

皆さん、お試しあれ

|

« 卵を「よく溶かない」 | トップページ | 5/8はゴーヤの日でした »

料理」カテゴリの記事

コメント

このIH用のおなべ、近くの某ショッピングセンター「Dイキ」で目に付いて、お手ごろ価格だったので買っちゃいました。

投稿: はちゃたんまん | 2011年5月 9日 (月) 09時59分

この親子丼レシピはかなり上出来ですね~!

ちょっと讃岐人向けかな~とは思いますが、私の好みにぴったりです!!

このお鍋わたしも早速Dイキに買いに行きます(笑)

投稿: マドモアゼル久美子 | 2011年5月 9日 (月) 20時54分

IH用のお鍋は四電エナジーサービスにええのがありますよ!

投稿: 艦長 | 2011年5月10日 (火) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卵を「よく溶かない」 | トップページ | 5/8はゴーヤの日でした »