« ブルーチーズでピザを作りました | トップページ | 土鍋のふたの切り込みは何のために? »

2011年1月16日 (日)

鍋奉行への道

年末にふぐを食べに行った時、テーブルの上に「鍋奉行への道」が
ありました。

Sdscf5001

それには、先ず「シイタケとふぐのアラを入れ、深みを出す」と
ありました。
いいダシが出るものから先に入れて鍋スープに深みを出すという訳です。

Sdscf5006

当日は、書かれた通りにしました
久しぶりのふぐということもあり、最高に旨かったです
最後の雑炊まで存分に味わいました。

そして、年末の両国のちゃんこ屋さんでも女将さんが最初にシイタケを
入れていました。

Sdscf5089

「シイタケから出るダシでスープに深みを出すんですね」と知ったかぶり
で言ったら、女将さんから

「違いますよ!」

えっ 

「シイタケが転がり落ちそうだから、先に入れたんですよ」

えっ えっ
って感じで言葉を失っていると女将さんが

「冗談ですよ」

からかわれました
やっぱりシイタケから出るダシで鍋スープに深みを出すようです。

皆さん、鍋の最初に入れるのは「シイタケ」ですよ。

|

« ブルーチーズでピザを作りました | トップページ | 土鍋のふたの切り込みは何のために? »

料理」カテゴリの記事

コメント

トッティさんの大好きなシイタケですね。
鍋の時は一番最初に入れるように心掛けます。
ねっトッティさん!
ためになったね〜
ためになったよ〜

投稿: 艦長 | 2011年1月16日 (日) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブルーチーズでピザを作りました | トップページ | 土鍋のふたの切り込みは何のために? »