« 白いトウモロコシ | トップページ | 備前焼で飲むビールは旨い »

2010年9月 9日 (木)

備前焼

先日、倉敷の実家に帰った時に美観地区に行きました。
岡山県一の観光地ですので、岡山県のお土産が所狭しと売られていました。
その中に備前焼もありました。

備前焼は、岡山県備前市周辺で焼かれている焼き物で、備前市の中でも、
伊部地区で盛んなことから「伊部焼(いんべやき)」とも言われています。
新幹線で岡山から大阪方面に向かっていると、岡山駅を出て数分したら、
煉瓦造りの四角い煙突が見えると思います。
これは備前焼の窯の煙突です。

私の実家がお茶問屋でしたので、備前焼の窯元ともお付き合いがあり、
昔よく両親に連れて行かれたのを覚えています。

Sdscf4230

備前焼は上薬は使わず、絵付もせず、土の形を整え、ただ焼くだけで、焼く時
の窯の中の状態によって模様ができます。
ということで、全く同じ模様の備前焼は、一つもないのです。
また、備前焼は使い込むほどに味が出ると言われていて、派手さはないですが、
飽きがこない「男らしい」焼き物です。
男メシにピッタリです。

備前焼のお皿、花瓶、一輪挿しと色々ありますが、私のお薦めは、
なんと言っても備前焼のビアマグです。
私も持っています!
今年の夏も猛暑の中で大活躍でした。

Sdscf4229

備前焼のビアマグだと、ビールの泡も細かく、クリーミーで、なおかつ泡も
中々消えません。
ビールの泡は、ビールの風味、味を保持する大切な役割を担っています。

それではなぜ、備前焼のビアマグだとビールが美味しいのか?という事に
ついては、少し長くなりますので、次回にご紹介したいと思います。

|

« 白いトウモロコシ | トップページ | 備前焼で飲むビールは旨い »

食器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白いトウモロコシ | トップページ | 備前焼で飲むビールは旨い »