2021年3月 3日 (水)

うどん屋さんなのに人気は中華そば!

   

うどん屋さんなのにお客さんが頼む
のは、中華そば!

   

そんなお店が三豊市仁尾町にあると
聞いて行ってきました。
Dsc_3284
お店は、長兵衛さんです。
レトロな感じのお店です。

  

そして、注文したのは当然、中華そば!
です。

   

男メシの後から来たお客さまも注文
するのは皆さん中華そば!です。

  

噂は本当だった。

   

さて、中華そばの味は?
Dsc_3286
鶏ガラと醤油ベースの優しい味です。

   

最近のパンチの効いた味ではなく、
本当にホッとする味です。

  

いつもならあっという間に一杯、
平らげるのですが、長兵衛さんの
中華そばは、ゆっくりお店の雰囲気、
として味を楽しみたくなって味わって
頂きました。

  

食べ終わった後、何だか心が穏やかに
なった気持ちがしました。

  

これが長年続くお店、老舗の力なんで
しょうね。

  

大変美味しく頂きました。

|

2021年3月 2日 (火)

食べ過ぎに注意!焼肉のタレ、生姜焼きのタレで食べる納豆。

   

こんな納豆が。
Dsc_3300
焼肉のタレ、生姜焼きのタレで食べる
旨~い極小粒納豆です。

  

素晴しいアイデアです。

  

早速、頂きました。
Dsc_3325
男メシは、納豆を食べるとき、青ネギ
か長ネギを入れて食べます。

  

血液をサラサラにしてくれる納豆の
ナットウキナーゼ+ネギのアリシンで
血液タブルでサラサラです。

  

肝心の焼肉のタレで食べる納豆の味
ですが、確かに!これご飯に合います。

  

アイデアといい、味付けといい、
素晴らしい。

  

ナイスな組み合わせです。

  

ただし、ご飯が進みすぎますので、
食べ過ぎに注意!です。

|

2021年3月 1日 (月)

長ネギと同じくらい太くて長いのに柔らかいアスパラ「さぬきのめざめ」

   

香川県が誇るアスパラガス
「さぬきのめざめ」
Dsc_3345
を産直市で買いました。

   

今シーズン初!

  

初物です。

  

写真の通り長ネギと同じくらいの
太さと長さです。

   

これほど太いと食べる時にスジがある
のですが、香川県が誇る「さぬきの
めざめ」は太くてもスジがなく、
柔らかく、ジューシーです。
それに甘い!

   

3本で350円!
東京で買うと一本、千円近くします。

  

これが産地の特権です。

   

幸せ~

|

2021年2月28日 (日)

保多織の名刺入れを買いました!

   

香川の伝統織物「保多織」の名刺入れ
を買いに行きました。
Dsc_3341
「多年を保つ」保多織です。

   

元禄時代、高松藩主、松平頼重公の命
を受けた織物師、北川伊兵衛常吉が
作った織物です。

   

今回買ったのは写真の通り
Dsc_3343
鮮やかなブルー地の名刺入れです。

   

こんなキレイな色の保多織もあるん
ですね!

   

これはお土産にもいいです!

   

早速、次の出張でのお取引先さまへの
お土産に購入しました。

   

また一つ香川の逸品が増えました。

|

2021年2月27日 (土)

関東風の桜餅「長命寺」、DXから生まれる!

    

春の和菓子と言えば桜餅です。

   

先日、頂きました。
Dsc_3302
関西風の道明寺です。

   

もち米を蒸して乾燥させた道明寺粉を
使い、中の餡は男メシの好きなコシ餡
です。

   

大好きな和菓子の一つです。

  

関西風が道明寺というのに対し、
関東風は長命寺といいます。

   

餡をピンク色のクレープ状の生地で
巻いています。

   

ある説では、何でも墨田区向島にある
長命寺の前の山本屋さんが作り、売り
始めたので「長命寺」と呼ばれるよう
になったと聞いたことがあります。

   

その、山本屋は長命寺の門番もして
いて、毎年毎年、長命寺周辺の桜から
落ちる花、葉の掃除に苦労されて
いました。

   

山本屋さんの凄いのは、この花や
葉っぱを何かに使えないか?と考え、

   

桜の葉っぱを塩漬けにし、餅に巻いた
のが桜餅、長命寺のはじまりとも言わ
れています。

  

ゴミとなる桜の花と葉っぱの活用です。

  

価値観を根底から覆す革新的な
イノベーション!

   

正にDXですね!

|

2021年2月26日 (金)

焼くだけシリーズ、今回は王道の椎茸です。

   

焼くだけシリーズ!

Dsc_3197

今回は、王道の椎茸です。

椎茸は、傘の裏のヒダの色で鮮度が
分かります。

Dsc_3177

真っ白な椎茸は新鮮です。

  

焼き椎茸で食べるのが一番!

  

一度に食べ切れない場合は、乾燥椎茸へ。

  

椎茸は乾燥させることにより栄養素が
何倍も高くなります。

   

癌予防、免疫力アップの栄養素の
ビタミンDは、乾燥させると、生椎茸の
約30倍にもなります。

   

その他、葉酸、カリウムも乾燥させる
ことにより何倍も高まります。

   

スーパーで生椎茸より乾燥椎茸が高い
理由がよく分かります。

|

2021年2月25日 (木)

提言作成のお手伝い「行政のデジタル化推進とマイナンバーカードの普及」

    

香川経済同友会が香川県知事ならびに
高松市長へ
「行政のデジタル化推進とその基盤と
 なるマイナンバーカードの普及に
 向けて」
Dsc_3270
提言しました。

  

その提言書の素案作成等、お手伝いを
させて頂きました。

  

今回の提言のポイントは、先ず、
行政のデジタル化では、CDO
(Chief Digital Officer)専任者の
設置です。
CIO(Chief Information Officer)
ではなく、デジタル戦略の司令塔と
なるCDOです。

  

よく見かけるのはCIOで、デジタル
技術を活用して自治体内の業務処理の
改善、業務プロセスの最適化等を推進
する責任者です。

  

CIOも重要ですが、これから求め
られるのは、デジタル技術をどう政策
に活用するか?というデジタル戦略
です。

   

そのデジタル戦略、政策の司令塔と
なるCDOの役割は非常に重要です。

   

是非ともCDO専任者を設置して頂き
たいです。

   

続いて、マイナンバーカードの普及
では、マイナンバーカードに対する
誤解の払拭です。

   

マイナンバーとマイナンバーカードを
混合されている方も多いように感じます。
「マイナンバーカードを持つと国に個人
 の資産等が把握されてしまう」
等々、未だに多くの誤解があると思います。

   

今後、マイナンバーカードは、健康
保険証、運転免許証との一体化が進む
ことに加え、マイナポイントを活用した
消費活性化策等も行われ、利用機会が
増えますが、マイナンバーカートに
対する誤解が払拭されない限り、本格的
な普及は難しいでしょう。

   

今後のデジタル社会の基盤となるマイ
ナンバーカードの普及に向けて、正確な
理解を促して頂きたいです。

|

2021年2月24日 (水)

香川の伝統的工芸品展に行ってきました。

    

香川の伝統的工芸品展に行って
きました。

    

先日、男メシが寿司桶を買いに行った
讃岐桶樽の「谷川木工芸」さん
Dsc_3303
も出展されていました。

  

そして、香川漆器
Dsc_3315
男メシが使っているお盆に独楽塗の
お椀もあります。

   

そしてそして、我らが庵治石ガラス、
オリーブ硝子
Dsc_3308
も出展していました。

     

庵治石ガラス、オリーブ硝子を初めて
見たというお客さまが自然に出る
優しい瀬戸内ブルーとオリーブの緑に
感動されていました。
Dsc_3310
嬉しいですね~

  

そして、今回、男メシのお目当ては、
保多織です。
Dsc_3306
前から気になっていた保多織です。

  

元禄時代、高松藩主、松平頼重公の命
を受けた織物師、北川伊兵衛常吉が
作った織物です。
   
保多は、「多年を保つ」という意味が
あります。

  

織物は、通常、縦糸と横糸を一本ずつ
交差させる平織りと呼ばれる織り方
ですが、保多織は、3回平織りし、
4本目を浮かせる織り方です。

  

糸を浮かせることで表面に凹凸が
できます。
その凹凸のすき間から空気を通すので
通気性、吸水性がよくなるようです。

  

触ってみるとしっかりした感じが
しました。

  

ランチョンマットと名刺入れが欲しい
な~と。

  

高松市内に岩部保多織本舗さんで
購入できるようなので、行ってきます!

  

それにしても香川県にはまだまだ多くの
伝統工芸がありますね~
Dsc_3314
もっともっと知らないといけませんね!

  

香川の伝統的工芸品展、サンメッセ香川
で25日(木)までです。

   

皆さま是非!

|

2021年2月23日 (火)

目立つ、閉店のお知らせ。。。

    

土曜日の朝、里ちゃん市場
Dsc_3277
に行った帰り道、商店街を歩いて帰り
ます。

  

最近目立つのが閉店のお知らせです。
Dsc_3278
55年も続いたこのお店も幕を下ろ
されていました。

  

55年、男メシと同い年です。

  

コロナが55年の歴史を吹き飛ばして
しまいました。

  

色々な説はありますが、ある説では
日本の企業生存率は、
10年:6%
20年:0.3%
です。

  

55年もお店を続けるということは
正に奇跡に近いことです。

  

それをコロナが吹き飛ばしてしまい
ました。

   

本当に一日も早い収束を願うばかり
です。

|

2021年2月22日 (月)

なぁ~ちぇ の焼くだけ、今回は菜花。

    

なぁ~ちぇ(池田奈央先生)の
焼くだけシリーズ!

   

今回は、菜花です。
Dsc_3296
フライパンで菜花を焼くだけ!

  

味付けは、食べる時に
Dsc_3298
オリブオイルと塩を振るだけ。

   

焼くだけ、振るだけですが、これで
春を感じることができます!

   

菜花の苦みが感じられます。

   

「春は苦みを盛れ」、先ずは菜花を
頂きました。

  

もう春が近くまで来ていますね~

|

«「五方よし」の井上誠耕園さん!見習います。