2020年7月12日 (日)

やっぱり酸素系漂白剤+台所用洗剤が一番!

   

やっぱり襟、袖口の汚れには、酸素系
漂白剤に台所用洗剤を混ぜたもの!が
最高です。
Dsc_2036
色々と市販の塗り液体洗剤?を試した
のですが・・・

   

酸素系漂白剤+台所用洗剤が男メシの
中では一番です

   

クールビズで今の時期、ネクタイを
着けなくてもいいので、昔ほどは汚れ
ませんが、でも汚れます。。。

   

定期的に汚れを落とさないと落ちなく
なります。

   

ちなみに、写真のシャツはもう二年
になりますが、まだまだ綺麗です。

   

ある方から酸素系漂白剤+台所用洗剤
に重曹を加えると更に綺麗になる!
ということを教えて頂いたので、次回
試してみます。

|

2020年7月11日 (土)

干し胡瓜にはまりました。

   

なぁ~ちぇ池田先生に教えてもらった
干し胡瓜、今度は切り方を変えて、
干してみました。
Dsc_2024
そして、料理は鶏胸肉と干し胡瓜の
甘酢炒めです!
Dsc_2026
炒めても干し胡瓜の食感、噛み応えが
あります!

甘酸っぱく、噛み応えがあり、最高!

旨い!  

いいですね~
使えますね~

  

干し胡瓜!

  

はまりました。

  

今は梅雨なので天日干しが中々でき
ませんが、梅雨が明けたら胡瓜を
大量に買って干しておきたいと思い
ます!

  

皆さんも是非、干し胡瓜!
試してみて下さい。

|

2020年7月10日 (金)

白米から玄米に

   

男メシは、今までご飯は、白米を
食べていましたが、先日から
七分づき米を食べています。
Dsc_1911
健康のためには玄米がいいのは
分かっています。
が、白米からいきなり玄米にして、
食べ難くかった場合、楽しい食事の
時間が寂しくなってしまいます。

   

先ずは七分づき、次は五分、三分に
しようと思っています。

   

さて、それでは玄米はどう健康に良い
のでしょうか?

   

調べてみました。

   

先ずは、食物繊維です。
玄米には、水溶性・不溶性どちらの
食物繊維も含まれています。
糖質やコレステロールの吸収を抑え、
そして腸を刺激し、便通もよくなります。

  

続いて、抗酸化作用の強いビタミンE
です。
白米には含まれていませんが、玄米には
含まれています。

  

まだまだあります。
ミネラル、葉酸 等々と。

   

ただ、玄米はパサパサすると言われ
ますが、男メシが食べているミルキー
クイーンは低アミロースで、モチモチ
しています。

   

玄米にしてもパサパサ感なく、美味しく
頂けています。

   

次は思い切って三分まで上げようかな。

|

2020年7月 9日 (木)

銅イオンと葉緑素が結びつき翡翠色になる 青梅の蜜煮!

    

お袋さんから青梅の蜜煮を貰いました。
Dsc_1942
翡翠色をしていることから、青梅の
翡翠煮とも言われているようです。

  

上品な甘さの中に梅の酸味も味わえる
青梅の密煮、この時期の楽しみです。
味だけではなく、疲労回復効果の高い
クエン酸も含まれています。

  

見てよし、味よし、体によし!の
三方よしの青梅の蜜煮です。

  

さて、この青梅の蜜煮ですが、最初は
緑色なんですが、火を入れ、下茹で
等々進めていくとそれまで梅のイオン
と葉緑素引っ付き緑色だったのが、
梅イオンと葉緑素が離れてしまい、
黄色くなってしまいます。

  

それを綺麗な翡翠色にしていくのに
必要なのが「銅」です。

  

銅鍋で煮ることによって銅イオンと
葉緑素が結びつき、再び緑色になるん
です。

  

お袋さんは、青梅の蜜煮のために
銅鍋を買いましたが、10円銅貨でも
代用可能です。

  

調べてみて分かったのですが、
銅イオンは、青梅だけでなく、
青のり、枝豆、ほうれん草等を
茹でる時にも鮮やかな緑色に仕上げて
くれるようです。

  

料理は化学ですね~

|

2020年7月 8日 (水)

改めて自分の行動を見つめ直したいと

   

一昨日、日経にこんな記事が掲載されて
いました。
Dsc_2022
今年も男メシの会社には、多くの女性
新入社員の皆さんが入社してくれ
ました。

  

ありがたいことです。

  

ただ、女性の管理職志向は入社後大幅
に低下
Dsc_2023
という結果がでています。

  

理由は、上司の育成熱意、職場からの
期待等々であり、取り巻く環境と
いうか我々側に問題があるようです。

   

改めて自分の行動を見つめ直したいと
思います。

|

2020年7月 7日 (火)

逸品!讃岐桶樽!!

   

最近、岡山の郷土料理、祭り寿司や
いなり寿司を作るようになって寿司桶
が欲しいな~と思っていたら、
四国電力の広報誌「ライト&ライフ」
に讃岐桶樽が紹介されていました。
Dsc_2014
讃岐桶樽は、香川県の伝統工芸品なん
です。

  

男メシは、知りませんでした。

  

早速、週末に買いに行きました!

   

讃岐桶樽を今でも作り続けられている
三木町の谷川木工芸さんにお伺いしま
した。
Dsc_2011
中には色々な讃岐桶樽がありました。

   

最近、注目されているお弁当箱
Dsc_2012
ワインクーラー等々色々な製品があり
谷川さんご夫婦は親切丁寧に説明して
くれました。

   

木目が何とも言えず、癒してくれます。
その木目にこれまた香川県の伝統技
漆を塗ったお弁当箱
Dsc_2013
まであり、多種多様な桶樽があります。

   

男メシが欲しい寿司桶もありました。
Dsc_2015
購入し、帰り際に谷川さんから、
使い続けていると木の性質によっては
隙間が出来たりするから、その時は
修理するから、持ってきてな~

   

と。
この一言、いいですね!

    

またまた讃岐の逸品、見つけました。
Dsc_2021
なんだか嬉しくなってきました。

   

来週末は祭り寿司でも作ろうかなと
思っています。

|

2020年7月 6日 (月)

買い物の数だけマイバック!

    

7/1よりレジ袋が有料化されました。

   

男メシも2つのマイバックを使って
いますが、先日、高松の御菓子の名店
夢菓房たから にスモモ大福
Dsc_2003
を買いに行った時に ハッ!としました。

  

ここでもだ・・・

  

直ぐにマイバックを取りに車に!

  

考えてみれば当然ですね。

   

買い物の数だけマイバック!

   

二つでは足りません。
もう少し大きなバックも必要と感じて
います。

|

2020年7月 5日 (日)

初の 干し胡瓜!

   

干し胡瓜を作りました。
   
番組「男メシ」の二代目先生の
なぁ~ちぇ池田先生から教えてもらい
ました。

   

干す前はこれ!
Dsc_1997
一日天日干しした後はこれ。
Dsc_1998
梅雨の合間に晴れた日、会社に行く前
に干し、帰って直ぐに取り込みました。

   

会社から帰る時にどんな感じになるん
だろうか?
ワクワクで帰りました。

   

こんなにも小さくなるんですね~

   

さて、この干し胡瓜を使って今回は
パリパリ漬けを作りました。
Dsc_2007
感想!

   

生の胡瓜、ピクルス等とは噛み応えが
あります。
これが干し胡瓜か!

   

という感じです。

   

ただ、今回は「干し」が甘かったのか?
少し残水感?がありました。

   

でも美味しく、食感を楽しみました。

   

調べてみるとこの干し胡瓜、漬物以外
に炒め物とか色々と使えるんですね。

   

次は鶏の胸肉と干し胡瓜の炒め物を
作ってみます。

|

2020年7月 4日 (土)

7/14 健康診断、さて成果は?

   

コロナ禍で延期となっていた会社の
健康診断が7/14に決まりました。
Dsc_2001
毎日、朝バナナに酢の物、野菜中心、
肉より魚を摂るよう心掛けてきました
が、さて、成果は?

   

ワクワク感よりドキドキ感の方が大きい
です。

    

皆さん、、健康第一ですよ~

|

2020年7月 3日 (金)

宴の席では何事も丸くおさめて水に流す

   

昨日のブログで久し振りに宇和島
鯛めしを堪能したことを書きました。

   

お店は、名店「丸水」です。

   

男メシが丸水に最初に行ったのは
29歳の時です。

   

もう25年も前のことです。

   

趣があり、戦前に宇和島有数の高級
料亭であったことを思わせる建物で
した。

   

因みに先日行ったのは丸水の松山店
でした。

   

聞くところによると宇和島の本店は
閉められているということで、
残念・・・

   

さて、以前から「丸水」の名前の由来が
気になっていましたが、今回分かり
ました。
Dsc_1977  
宴の席では何事も丸くおさめて水に流す。

   

ということで 丸水 なんだそうです。

    

いい言葉ですね~

   

最近、オンライン飲み会のお誘いが
ありますが、男メシはどうも不完全
燃焼感が・・・

    

自分では作ることのできないプロの
料理に舌鼓を打ち、初めて飲むお酒を
楽しみ、そして皆さんとの会話を聞き
楽しむ!

   

これぞ「宴」です。

   

早く行きたいな~

   

プロの料理が食べたい・・・

|

«宇和島鯛めし 最高~